スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小田和正 『そうかな』~相対性の彼方  タイトルの意味に迫る!」の段

アーティスト: 小田和正
タイトル: そうかな

今年は、アインシュタイン没後50年。そして、ドイツで
相対性理論」を発表して、100年になる記念すべき年
なんだと。

それだからというわけではないと思うが、小田さんの
New オリジナルアルバムは、”相対性・・”という
言葉を使っている。
アルバムタイトルそうかな」”相対性の彼方”
指しているそう。

そういえば、ジャケットのイラスト。
ベロ出しのあの顔って、アインシュタインの写真で良く
見る。
もしかして、パロディー?
なら、もっと万人にわかるパロディーにしようよ~。

それで、”相対性の彼方”ってどういう事?

相対性理論なんて、どんなに優しく解説されても、もろ文系の
私の頭では、全く理解できないけど、”相対”位ならわかるぞ。

”相対”=他との比較、関係。

そして、その対極にあるものと言えば絶対”
要するに”相対性の彼方”にあるものは、”絶対的なもの”
すなわち”たしかなこと”なんではないでしょうか。

ほ~ら。これで、小田さんのシングルCDにつながった
ではないか・・。(←ちょっと無理矢理?)

毎日、毎日、他者や物と関わりを持たなければ生きていけない
私たち。
そうやって誰かと関わりあえる人生っていうのは、喜びであり、
幸せであるけれど、同時に悲しみや、苦しみ、もちろん憎しみもある。

そんな私たちにとっての毎日は、今やっている事がほんとに
BESTなのか、この先に何があるのか、ただただ、試行錯誤の
繰り返し。
でも、どんなに先が不透明であっても、頑張らないわけには、
いかないんだよね。(←小田さんの歌詞風)

小田さん自身も朝のワイドショーのインタビューで



『いくら苦しくて、先が見えなくても、頑張るしかない。』


って言ってた。



見えないものに向かって、頑張り続ける私たち。
例え今は、自分のしている事に自信が持てず、他人の目や評価が
気になってしまうとしても、いつか必ず、


”絶対的なもの・・・「たしかなこと」”


たどりつく事ができる。


結局は、これが、このアルバムのテーマなんではないでしょうか。

そんなこのアルバムに収められている11曲も派手さはないものの
どれも、時間が立つにつれてじわじわと感動がわき上がり、
元気が出てくる曲ばかりである。
そして、どの曲も”ごく当たり前の日常”ということを
大切にしている。
全部の曲。それぞれに思い入れがあるが、あえて一曲を
選ばせてもらえるとすれば、『明日』
細かく刻まれるギターのリズムが感情をかきたて、何かを
呼び起こさせるが、曲だけでなく、この歌は、特に
テーマがいい

 
今、他愛もない会話を交わしている目の前にいる人間が
 何の前触れもなく、明日、帰らぬ人となってしまったら・・



 「行ってきます」と元気に出かけた家族が2度と戻らぬ人と
 なったら・・

 私自身、身内の急死に何度か遭遇しているだけに、
 この歌のテーマが痛い程、よくわかる。
 小田さんは、ニュース番組のテーマソングを依頼されこの歌を書いた
 のだそうだ。
 それは、折しも米同時多発テロが勃発した時。
 
 かけがえのない人の『普通の明日』を守る為に、我々大人は
 頑張らなくてはいけない・・。
 
 子供を持つ私にとって、一番胸にこたえる一曲である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。