スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■TB■ 音楽で聴く映画  ・・ 「それは、やっぱり『タラのテーマ』なのだ~」の段

最近「ダークエンジェル」はまってしまい、

ヒマさえあればみているので、映画を見る時間が

ない。


・・なので、今日は、TB。


主題歌からシーンが蘇る・・


最近の映画ではあんまりないな。

昔の映画には、結構あるのだけど・・。


「大いなる西部」「ジャイアンツ」「大脱走」

「ベンハー」「シャレード」

「ウエストサイド」「マイフェアレディー」

などのミュージカルなどなど・・


ちょっと古いとこでは、


「ミッション・インパッシブル」「スター・ウォーズ」

「ターミネーター」とか・・。


数え上げればキリがないけど、書けば書くほど、自分が年寄り

なのが強調されてしまうので、この辺にしておきます。


でも、やっぱりピカイチは、「風と共に去りぬ」ですね。


「タラのテーマ」なくして、「風と共に去りぬ」は無く

「風と共に去りぬ」なくして、「タラのテーマ」はない。


この壮大な恋愛ドラマは、良くいわれる所の

主人公スカーレットレット・バトラーとの恋愛物語ではなく、

スカーレットとタラの大地との恋物語である。


そんなテーマにふさわしく、このタラのテーマも南部の

広大な大地を象徴するかのように、雄大で圧倒的な

スケールを持つ


冒頭・・


タラのテーマにかぶる

「GONE WITH THE WINDOW」の文字・・。


第一部終了時、休憩の前。


スカーレットが、戦争で荒れ果てたタラの地に立ち

復活を決意するそのシーン。


そして、ラスト。


第一部終了と同じ場所・・新たなる決意を胸に

タラの屋敷の樫の木の立つシーン。



今も、目を閉じれば、この主題歌と共に、これらのシーンが

鮮明に蘇ってくる。


そういえば、この頃は、4時間の映画なんてざらだった。

でも、当たり前のように見に行ってたし、

むしろ、2時間位の映画を見るとお金損した気に・・。


今だったら、余程の心構えでいかないと

こんな長時間映画は見られないな。


現代人は、それだけ忙しくなったということか・・。

はたまた、こらえ性がなくなったということか・・。



タイトル: 風と共に去りぬ
タイトル: ダーク・エンジェル ― DVDコレクターズBOX 1

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。