スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★「コラテラル」★~「トムさまファンには不満?」の段




タイトル: コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション






これ、かなりおもしろかったです!

公開当時、映画ファンのサイトとかでは、あまり評判が
芳しくなかった
ので、たいして、期待してなかったんですけどね。

きっと、評価低い人は、

「ミッション・インパッシブル」のように
トムの大活躍&派手でかっこいいアクションを期待した人達
なんじゃないかな。

確かに、アクションはおとなしいもん。
トムもそんなに人間離れしたことしなかったし、撃ち合いも
いまいちの盛り上がり。

でも・・。
人間ドラマと考えると、深いのだ・・。


【あらすじ】

ロスの平凡なタクシー運転手だったマックスは、空港で銀髪の
紳士に高額で雇われる。しかし、その紳士は、依頼主に一晩で
5人を殺す事を約束してきた殺し屋だったのだ。



ネタバレになるんで、ストーリーには、触れませんけど、

まずは、なんと言っても、ロスの夜がいい~。

タクシーから見える夜景。高層ビルから見える夜景。

ロスっていうのは、アメリカの繁栄堕落の両面を極端に兼ね備えた
街じゃないですか・・。
そのロスの夜が、ジャズをバックに実に美しく描かれています。
見ていて酔ってしまいそうな大人の雰囲気

それから、主役の二人がいいね~。

夢を見ているだけで、現実には何も努力をしようとしない
マックス
その彼が、初めて力を振り絞って命がけで取った行動とは・・。

そして、”殺しは仕事。仕事は、やりきるだけ”
それ以外は頭になかったヴィンセントの中でも、自分では全く意識
しない内に、何かが変わってきて・・。


派手なアクション映画を期待してた人たちには、撃ち合いの
シーンも少なく、物足りない印象の映画だったかもしれないけど、
心理ドラマとしては、せつなく泣ける一作だと思った。


ちょっと【ネタバレ】なんだけど。ラスト・・。

ご覧になった皆様、『あっけない』と、不評のようですが、

コヨーテのエピソード

・・から見ていくと、う~ん。このラストは、画面どおりに受け取っては
いけないのではないのかなとも・・。

でも、それは深読みのしすぎかな?


ジェィミー・フォックスは、さすが。
”のりうつって”いたはずのレイの魂は、どこかに行ってしまった
ようですね。
すっかり不条理な運命に怯え、そして怒る一市民
になりきってました。
うまかったです。

どっちが主役?
・・な~んて言ったらトムファンは怒るかな?^^;)




【評価】 ★★★★☆

【データ】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「コラテラル」 2004年 アメリカ
主演 トム・クルーズ、ジェィミー・フォックス
監督 マイケル・マン

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。