スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「溺れる人」その2 ~「明日は、我が身じゃ・・」の段

珍しく、昨日はリアルタイムでドラマを見て
しまった。
「救命病棟24時」を録画しなくては行けなかったので、
では、「見ちゃおう~」と言うことになったのだけど、

我が家は、ちょうど、晩酌中~

アルコール依存症のドラマ見ながらビール飲む
私たち夫婦って・・^^:)
・・と多少自己嫌悪に陥りながらも、特に量が減る
でもなく・・。

ドラマの方は、新聞に掲載されてた原作とは、
ちょっと視点が違ってた。

だいぶ前に読んだのでうろ覚えなんだけど、
原作の方は、主人公がアルコール依存症に
陥った原因をこれと言って特定してなかったような・・。

ところが、昨夜のドラマでは、

”幼少時のトラウマ 
母親との確執・いい子でいることへの反発”


という風にはっきりと打ち出していた。

その分、ドラマ性は高まったが、
ごくごく普通のお酒の好きな女性が、徐々にアルコールに
溺れていく
その恐ろしさ・・的な要素は、薄まって
しまったのが、残念。

私なんか、お酒だ~いすきだから、原作読んだ時は、
ゾッとしたもんね。

ドラマの方は、篠原涼子の熱演と、脚本の井上由美子
飽きさせないドラマ展開で、2時間あっという間。

それにしても、いつもの事ながら、井上由美子の脚本って
ほんと、おもしろ~い。

「タブロイド」
「GOOD LUCK」
「白い巨塔」


中だるみのしない、ドラマ展開でいっつも真剣に
見てしまうんだよね。

篠原涼子は、昨日も書いたけど、最近では
すっかり、演技派女優の仲間入り。

自動販売機の前を行ったり来たりするその姿。
結局は、理性が勝てず、貪るように、ワンカップを飲み干した時の
至福とも思えるあの顔。

すばらしいと思いました。
思わず、画面にのめりこんでしまいました。

そうそう、原作では、原作者が自己嫌悪に陥った映画

「リービング・ラスベガス」
「酒とバラの日々」

については、何も触れず。

ニコラス・ケイジアカデミー賞ゴールデングローブ賞
主演男優賞
を取った、この作品。

明日は、是非この「リービング・ラスベガス」について書いてみよう
と思う。




タイトル: リービング・ラスベガス

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。