スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

齊藤智裕(水嶋ヒロ)受賞作 『KAGEROU』 ~ ミーハーなので、つい・・

KAGEROUKAGEROU
(2010/12/15)
齋藤智裕

商品詳細を見る


全く、前日まで興味ゼロだったのに、めざましテレビで”予約40万部”と聞き、
その後、なにげに寄ったエキナカの書店で売り切れだった事で、一気に私の
ミーハー魂に火がついた。
やはり、話題作は、その日の内に押さえておかなくては!

本日ゴッホ展に行くはずで、外出したのであるが、急遽、ゴッホ展を後回しにし、
途中下車した駅ビルの書店で購入。そのままそこにあるレストランに
入ってオムライス食べながら読み始めた。
そして、そこからのゴッホ展への往復の車中と合わせて、ちょうど1時間半・・
・・読了!

・・で、感想。

う~ん。アマゾンで叩かれている程には、そんな、”最悪”っていう
感じはしないけどね。

まがりなりにも、続きが気になって、1時間半、集中して読んでいた
わけだし、話し自体は、そこそこ面白い。

一言でいうと、星新一のショートショートを水増しして単行本に
した感じ。

ただ、オチに徹しているのか、人間の生と死を語ろうとしているのか、
どっちつかずになっているので、今一つ、何が書きたいのかがよく
わからないのである。

それに、人物の描き方がまずいと思った。

40歳の人生に疲れた男性が主人公であるのだが、これが、ちっとも
中年らしくない。
要所要所にオヤジギャグ連発で、これで”中年”を表したかったのかもしれないが、
主人公には、今日まで年を重ねていった年輪が全く感じられない。
中年の哀愁が全く感じられないのである。

そもそも、主人公が40歳である必然性が全くない。
作者自身がまだ若いのだから、無理して中年を主人公にする必要もなかった
のにね。
等身大の青年が自殺志願という設定の方がよかったように思う。

続いて、文章

文については、ゴーストライターがどうたら、発売前からいろいろ
書かれてたけど、でも、この本を読んだ限り、ゴーストライターは
いないでしょう(^_^;)

はっきり言って、大人相手には、ちょっと幼稚すぎる文章かなと思った。
背景や人物描写に広がりがなく、想像力をかきたてられる人物設定では
ない。
ま、言ってみれば、”文学”というよりは、ケイタイ小説か、ライトノベルの
ような軽い感じである。

失礼ながら、

”本当に名前を隠していて、選考者の目に留まったのかなあ・・”

と疑いたくなるような文章であった。

でも、まあ、作者も若いしね。
もっと、もっと経験を積み、知識も増えれば、この小説のように、
”生”や”死”が、机上の事のように描かれることも
ないだろうし、文章にも深みが出るように思う。

途中、命について、いいこともちらほら言ってるしね。
このまま叩かれて終わるのではなく、頑張って次回作を
執筆して欲しいですね。











スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。