スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタばれ★『悪人』~「久々に見応えあり!」

吉田修一さんの原作は、とっても面白く、そこそこの長編で
ありながら、ほぼ、3日程で、一気に読み終えた。
そして、ただ面白いだけでなく、読み終えてからも、
いろいろな意味でずっしりと胸にこたえるような
深みのある小説だった。

えてしてこういう小説を映画化するとダイジェスト的な
要素が強くなるが、この映画は、なかなかの見応えのある
作品である。

なんだか、若い頃良く見ていた、松竹の文芸大作のよう。
丁寧で、重厚で、役者が裏切らない演技をしてくれて、
お約束の感動も用意されていて、一言でいえば、安心して
見ていられる映画・・
あ、場面、場面がブツッと切れてつながっていくあたりも
同じかも・・。

脚本に作者が名を連ねているせいもあって、原作既読で
あっても決して、期待を裏切らない・・いや、作者が
脚本書いてるんだから、文句はつけられないよね。

でも、この映画の圧巻は、やはり俳優の演技力だろう。

原作を読んで、作者に祐一の役をやらせて欲しいと
自らアプローチしていたという妻夫木聡。
思わず手を差し伸べたくなるような不器用な青年祐一を暗く、
せつなく演じていた。

もちろん、賞を取った深津絵里も相変わらずうまかった。
特に、内向的で地味な女性が、初めてとホテルに行った後に、
ガラリと女に変わるあのあたりの豹変ぶり。
化粧とか衣装でなく、表情だけで、演じられるっていうのは、
さすがであると思った。

その他、脇役でありながら、樹木希林や柄本明の二人は、
当然のことながら、このドラマの要である。
バスの運転手とのやりとりや、現場で娘の幻を見る姿は、
涙なくしては見られない。

岡田将生や、満島ひかりも、現代の若者をステレオタイプに
しっかりと演じていて、主役二人との対照的な生き方を描く
という役割を十分果たしていたと思う。

岡田将生は、正統派のイケメン役が本領みたいだけど、
『告白』でもKYのウェルテル先生がはまり役だったし、
今回も憎たらしいボンボン役に全く違和感なかった。
なかなか幅広い演技ができる役者のようで、これから先、
楽しみである。

ただ、不満・・いや、疑問だったのが、原作にあった、

”なぜ、母にお金をせびっているのか”

を風俗嬢に話すところがカットされていた事

あのやりとりがあったからこそ、祐一が最後に光代の首を
絞める行動につながるはずなのに・・。
う~ん。なぜ、この場面をカットしたのか、これ、是非、
作者に聞いてみたいです。

スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。