スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インシテミル」~「映画化につられて・・」

 
インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)
(2010/06/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る


藤原竜也、綾瀬はるかで映画化されるとの帯つきで,書店で
平積みになっていたこの小説。
例によって、ミーハーな私は、ついつい購入してしまった。
でも、面白かった。2~3日で一気に読破。

【内容】
”ある人文科学的実験の被験者”になるだけで時給11万2000円がもらえると
いう破格のアルバイトに応募した十二人の男女。
とある施設に閉じ込められた彼らを待っていたのは、人間の深層心理をついた
サバイバルゲーム。一人、また一人とメンバーが殺害され・・。


読み始めた時は、『ライアー・ゲーム』か、『カイジ』かという印象を受けたが、
実は、似て非なるもの。最後まで読んで判ったけれど、結構、正統派の
推理小説と言えるものだった。
最近、オチのあるような小説ばかり読んでいたのでうっかりしていた。
こんなにちゃんとした謎解きのある小説ならもっと真面目に読めば良かったかな。

 とはいっても、ちゃんとオチは、用意されている。
 特にラストのオチは、なかなかなものだと思った。

読み始めは、メンバー12人がごちゃごちゃで苦労したけれど、ストーリーが
進んでいくに連れて、人物と行動が一致してきて、ぐいぐいと小説の世界ー暗鬼館ー
に引きずり込まれていった。
特にメンバーが、次は、自分ではと段々と疑心暗鬼になっていくあたりの展開は、
目を離せない。
殺人に使う道具の選定や、ルール。そして、クリスティーの『そして誰もいなく
なった』を彷彿させる人形など、小道具がとっても凝っていて、さすがであると思った。

 『インシテミル』というタイトル
 
 読み始めた時は、

『INしてみる』→”入ってみる?=参加してみる?”
なのかと思っていたら、どうやら、『淫してみる』のよう。
解説にもそんな事が書いてあったし、主人公のセリフにもこの言葉があった。

 ”淫する”→ ふけるとか、度を過ぎるということ

作者がミステリに”淫する”ってことなのかな?
それとも、参加者の行動が度を越してしまうっていうこと?
それとも、読者がはまってしまうということなのかな?

う~ん。判らない・・。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。