スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタばれ★「告白」~「な~んてね」の段

本屋大賞を取ってベストセラーとなった『告白』
はっきり言って、好きな作品ではなかった。
感想は、これ ↓↓

http://10esola08.blog12.fc2.com/page-7.html

ただ、この映画は、監督が『下妻物語』や『嫌われ松子の一生』
(←どちらもかなり面白かった
 感想は、

『下妻物語』   http://10esola08.blog12.fc2.com/blog-entry-212.html
『嫌われ松子の一生』http://10esola08.blog12.fc2.com/blog-entry-217.html

の中島哲也さんだということで、早速見に行った。

映画は、独白でつづっていくという形式から内容まで
ほとんど原作どおり
ついでに、これが、あの中島監督の映画?という位、暗かった
画面も暗ければ、話しも暗い。

ただ、原作は、実際にあったいくつかの事件を彷彿させて、
読んだ後にとっても不愉快になったけれど、映画の方は、その辺が
作為的なのか何なのか曖昧になっていて良かった。
どっちかというと、原作の『告白』を使った別モノの映画。
しかも、”社会派”というよりも”ホラー”のような印象を受ける。

そこは、さすが映像出身の中島監督

犯人二人に対するいじめがどんどんエスカレートしていく
あたりの描き方が、なんだかミュージカル見ているようで、
POPでテンポよくて、面白かった・・。いや、怖かった。

犯人が生徒集会で犯罪をバラすあたりもすごかった。
上から撮って、生徒達の頭がサ~ッと引くあたりとか
やっぱり、この監督見せてくれるな~。

そして、ラスト

『な~んてね』

余りにも怖すぎる終わり方であった。原作にあんなフレーズ
あったっけ?

そうして、演じる主役3人。やっぱりうまかった。

KY熱血教師で滑稽で哀れな”ウェルテル”岡田将生

リビングのやわらかな雰囲気にぴったりのどこまでも
清楚で純粋。裏を返せば、”単純”な母親役の木村佳乃

そして、なんと言っても表情一つかえず、スゴイことしちゃう
松たかこ

3人ともさすが!

でも、大人以外にも生徒役。キーマンとなる学級委員を演じた
橋本愛は、良かった

クールな美少女であるが、眼ヂカラもあるし、これから、
結構、ブレイクするんじゃないかな
今後に期待です!

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]
(2006/11/17)
中谷美紀瑛太

商品詳細を見る




スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。