スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『隠し砦の三悪人』

え~。最近、なぜか、嵐の松本潤くんにはまってしまい、彼の出演映画やら
ドラマやらを片っぱしから見てるんだけど、そこで、せっかく見たんで、
映画の感想をちょびっとずつ。
あくまで、松潤の感想ではなくて、映画の感想ということで・・。

まずは、黒沢明監督の映画をリメイクしたこの作品

公開当時、そこら中の感想サイトで、ボロクソに言われてたんで、
ほとんど見る気もなかったんだけど、ここにきてDVDを観賞してみると

まあ、そんなに悪くはないかと

ただ、アクション映画にしては、ちょっと場面場面のつながりが、
もたついて、シーンがブツ切れになってしまったかなと思ったのと、
西部劇テイストの時代劇にしては、人物や背景のギラギラ感やら
焦燥感やら冷めた感じがあまり感じられなくて、民衆の怒りも
きれいごとで終わってしまったかなという感じを受けたかな。
(血はやたら流れてたけど・・)

それに、オリジナルでは、松潤×宮川大輔の役は、主役三船敏郎が
演じる六郎太(本作では、阿部寛の役)の完全なる引き立て役である。
しかも、演じているのは、千明実さんと藤原釜足さん。
これでは、キャスティングは、宮川×2が妥当でしょう(笑)
その役にジャニーズのアイドルを持ってきて、おまけにヒロインも
アイドルの長澤まさみで、二人を恋愛関係にしてしまうのだから、
こりゃあ、オリジナルのファンがキレるのも無理ないな。

リメイクなんて言わないで、初めから原案のみのオリジナルっていうことに
すれば、少しは評価も変わったかも。

ただ、映画自体は、アクションシーンとかもそれなりにお金かけてたみたいで、
迫力あって楽しめたし、後半の村の火祭りあたりからは、結構、盛りあがって
、2時間足らず、まあまあ、ダレずにおもしろく見られた。

脇を固める、阿部寛や、椎名桔平やらも、お約束の演技ながら、
存在感たっぷり。
エンドロールで俳優の名前が出るまで、主役は、阿部ちゃんかと思ってた^^;)

ただ、長澤まさみは、ちょっと力不足かと。

「民が・・」

なんて、敵方にすごんでも、全く迫力ないんで、いきなり、その場で
切られちゃうような軽さではありました。
勝気な役は苦手ではないのかもしれないけど、姫のような生まれながの
威厳やら気品やらを要求されちゃうとちょっちょっととということで・・。
今後に期待ですね。

・・で、お目当ての松潤ですが、そりゃあ、ファンですから、
”楽しませていただきました!”ということで・・(笑)

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。