スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆず 『FURUSATO』 FINAL at 日本武道館 3/3(水)

yuzu

ゆずの再追加公演。武道館でのライブに行ってきました。
『FURUSATO』ツアー2本目。1月のさいたまアリーナに続いての
参加です。

前回、さいたまは、LV400というほとんど天井に近い席だったけれど、
今回は、アリーナ25列目位での参加。
年寄りに、大半スタンディングでのライブは、ちと過酷ではあったが、
ビジョンも良く見える位置だったし、周りのゆずっこ達の熱気につられて、
大盛り上がり。とっても楽しかったです。

ゆずのツアーに参加してから、かれこれもう9年位になるかな

最初は、ただただ、一生懸命なその姿に元気をもらいながらも、まわりの
大騒ぎに何がなんだかわからぬままに参加していただけという気もしたけれど、
近年、歌で感動をもらえるようになってきました。

昨日も後半『夏色』からの盛りあがり(予想外であった『青』が良かった!)は
楽しかったし、ゆずに指名されて泣き出しちゃった女の子と会場との
コミュニケーションも微笑ましかったです。

でも、歌にも十分、感動させてもらえました。
最近のゆずの曲は、私の心の琴線に触れる曲が多いです。

久々に聞いた『栄光の架け橋』や、真央ちゃん、上村さんの競技シーンにかぶる
生保のCMソングである『虹』は、その曲の壮大さに何度聞いても感動してしまうし、
北川くんが、昨年亡くなったお父さんに対しての思いを歌ったという『逢いたい』。
この曲は、私自身の大切な人の姿がダブって、聞く度に涙がこぼれてしまいます。

追加公演から披露した新曲の『桜会/マイライフ』もいかにもゆずらしくて
良い歌です。
特に、『桜会』は、ビジョンに流れるピンクの花びらとサプライズだった花吹雪が、
どこか懐かしいフォルクローレ調のこの曲にぴったりの演出で、胸が熱くなりました。

最近、特に思うのは、北川悠仁の作る曲は、どの曲も岩沢厚治の高音で伸びやかな
”声”を120%活かした曲ばかりだなということ。

よく分からないけれど、普通のデュオって、作曲者が自分の音域や志向で歌を
作って自身がソロを取るっていう曲が多い気がするのね。
(←岩沢くんが作っている曲もそんな気がする)
でも、悠仁は、厚ちゃんの持ち味や魅力を客観的にとらえて、それを軸に歌を
作っているから、ああいうサビの効いた広がりのある曲ができるのかな・・って。

悠仁の曲と厚ちゃんのボーカル
この絶妙なバランスがゆずの一番の持ち味だと思います。

そして、ステージでは、相変わらずアンバランスな二人

いつでも全力投球で、皆の声援に応えようと汗だくになってステージを
かけずりまわる悠仁と、そんな頑張りもどこ吹く風。ひたすらマイペースを
決め込みながらも歌になるとグッと観客の心をつかんでしまう厚ちゃん。

前回のさいたま公演で、悠仁が、

『”学生時代から知りあいの芸人”でアメトークに出たい!』

と言って、

『芸人じゃないでしょう』

と厚ちゃんにつっこまれていたけれど、ほんとこの二人、ステキなコンビです!

これからも、ゆずの曲、ステージ期待しています。


桜会(さくらえ)/マイライフ桜会(さくらえ)/マイライフ
(2010/02/03)
ゆず

商品詳細を見る






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。