スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレ★「DR.パルナサスの鏡」~「すぐ帰っちゃダメよ」の段

 ”主演のヒース・レジャーが撮影途中で急死したために完成が危ぶまれて
  いたが、ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジューロ・ロウ。
  ヒースの友人3人が名乗りをあげて無事完成”


上映前から、こればっかりが話題になっていたけれど、この映画、かなりおもしろかった!
こういう映画、だ~いすき。

 奇想天外、摩訶不思議、荒唐無稽
 ファンタジーで、ポエム。それでいて、ブラック・・。

見ている内に、どんどんその不思議な世界に入り込んでいってしまった。
今時、メガネかけなければ、映画の中の世界は体験できないと思われてるけど、
いやいや、2Dでも十分、異空間を漂うことができて、ちょっとうれしくなった。
【内容】

2007年ロンドン。Dr.パルナサスが率いる旅芸人の一座の出し物は、
人が密かに隠し持つ欲望を映し出すというものであるが、見せ物は
はやらず、一座のものは、食べるものにも事欠く有様。
それでも、博士、娘のバレンティナを中心に仲良く旅を続けていた。
しかし、実は、1000才になる博士には秘密があった。永遠の命とひきかえに
娘が16才になった時に差し出すという契約を悪魔としていたのである。
その約束を果たす誕生日が3日後に迫った時、悪魔は一発逆転で、
賭を白紙に戻す事のできる”最後の賭け”を博士にもちかけてきた。



馬車にひかせた芝居小屋(ステージ?)とそこで生活する一座。
その現実離れした登場人物達が、レトロなコスチュームで繰り広げる物語は、
ちょうど、『チャーリーとチョコレート工場』か、『不思議の国のアリス』
のような世界。

でも、ちょっと違うのは、舞台が現代のイギリスであるところ。
おとぎ話しのような小屋が現代のロンドンのスーパーの駐車場や、
ブランドをまとった奥様達の間に現れ、現実離れした世界を見せるのである。
その、違和感がおもしろい。

"永遠の命の代わりに娘を・・・"

なんて、おとぎ話しによくありがちなストーリーであるが、そこは、
破天荒といわれたギリアム監督。
ある時は、ユーモラスに、ある時は、ブラックに、人間の様々な欲望や
夢を、ある時は夢のように美しく、ある時は、醜く現実的に見せてくれる。

そして、監督の描く夢の世界が奇妙でおかしいのもさることながら、
登場人物がとにかく一同はまりにはまっている。

特に、娘役のリリー・ホール

なんでも、本業は、スーパーモデルとか。
そのお人形さんのような容貌は、おとぎ話にぴったり。
妖精のような魅力をふりまいて、かわいいったらないの。

そして、博士役は、後で知ったけれど、クリスファー・プラマー
あの『サウンド・オブ・ミュージック』のトラップ大佐ではないですか。
まだまだ、現役で、しかもあんなコミカルな役を演じているとは、さすがである。
博士の片腕のパーシー(←彼がいい味をだしているのよね~)との名コンビが
最後まで笑わせてくれた。
もちろん、必ず姿を表す悪魔もニヒルでクールながらも妙なおかし味があって良かった。
(演じているのは、有名なシンガーソングライターとか)

でも、なんといっても主役のヒース・レジャーが良かったな。
ジョニー・デップなんかが代役をつとめちゃったから、喰われちゃうかな~とも
思ったけれど、とんでもなかった。
『ブロークバックマウンテン』の青年やら『ダークナイト』のジョーカーとは
うってかわっての役柄になりきっている所をみると、彼の役者としての幅を感じる。
この映画は、4人で一人を演じることによって、新たな魅力がうまれたかもしれないけれど、
できれば、最後までヒースで見たかったです。

そうそう、この映画。エンドロールが終わった後にちょっとした仕掛けがある。
なので、終わってもすぐ帰ってはダメよ。

さて、テリー・ギリアム監督の次なる作品は、過去、トラブル続きで完成を
みなかった、”ドン・キホーテ”だと何かの雑誌のインタビュー記事に
あった。

ギリアムのドン・キホーテといえば、その制作中止までのメーキングが
ドキュメンタリーとなって、『ロスト・イン・ラマンチャ』として、放映された
事で知られる。

この映画。”実現しなかった”ということで、マイケルの『THIS IS IT』と
ある意味通じるものがあるとも思えるけど、えらい違い。
結構、笑えます。

ちなみにその時の主演予定は、ジョニー・デップで、共演が奥さんの
ヴァネッサ・パラディーであったはず。
夫婦初共演を見てみたいので、今回は、是非是非完成してもらいたい
ものである。

ロスト・イン・ラ・マンチャ [DVD]ロスト・イン・ラ・マンチャ [DVD]
(2006/05/25)
テリー・ギリアムジョニー・デップ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。