スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレ★「沈まぬ太陽」


思い入れ★ホームシアター★日記-taiyo

原作を、3巻まで読んでの鑑賞である

あの超大作をどうやって、3時間20分にまとめるのかと
思ったけれど、うまくまとまっていたように思う。
途中休憩が余計に思えた程、画面に引き込まれて
全く飽きたり、だれたりすることがなかった。

原作は、アフリカ編から雄巣鷹山の事故というように順を
追って進んでいくが、映画は事故をベースにおいて、
それまでの恩地の流転ぶりを回想という手法をとって
描いていっている。

それが、緊張感あふれるドラマになった勝因かも。
ただ、アフリカ編。
カラチとかテヘランとかもっと描いて欲しいエピソードもあったので、
ちょっとまとめすぎたかな。

ただ、こういう大作にありがちな、出来事を追うだけの
ダイジェスト版の映画にならずに、脇役のひとりひとりを
丁寧に描いている点が良かった。


特に、原作でも泣かされる場面である、夫を事故で
亡くして、アルコールに溺れてしまう妻。
”日本で一番不幸の似合う女優”と言われている木村多江が
しっかりと見せてくれていた。


それから、主役の恩地と違って、”ちょっとだけ英雄”の
香川照之が良かったな~。
不正を働きながらも、組み合い活動で勝利した時の写真を
取り出してはにやにやと見ているあのシーン
思わず涙してしまった。


それにしても、JAL再編が毎日ニュースに登場する
この時期に、あまりにもタイムリーな映画である。
フィクションとは書いてあっても、モデルは誰が見ても
JALのことだもんね。


こんな時期にあんな映画やってもいいの?


・・と思ったら、やっぱり、映画制作にあたっては、何度も
紆余曲折があった模様。

やっと映画化された今回も、JALは一切協力せず、飛行機の場面
などは、全部CGだったんだってね。


まあ、JALの気持ちも判らないでもないけど・・。

確かにあれを見てしまうと、JALの幹部は腐りきった集団で、社員は
恩地をのぞいて全員人でなし・・なんて、印象を受けちゃって、
ますます国民の怒りが大きくなるのは目に見えているもんね。
JALにだって、ちゃんとした幹部や社員だってたくさんいるはずだし、
ちょっと気の毒かな・・。


それにしても、残業を命じられただけで、転職しちゃうような今の若手社員。
がむしゃらに仕事一筋で働くにしても、それはあくまで自分の利益の
為というやり手の企業人
こんな今の若手世代に、恩地の生き方っていうのは、どう理解されるん
でしょうねえ。。
組合一つにしても、今ここまで骨のある闘士・・なんていう人はいるの
でしょうか。。

映画館は、結構満席だったけれど、ほとんどが中、老年だった。
今の若手世代には、今ひとつ関心のない・・いや理解できない映画なのかも


そうそう、休憩タイムに流れるバイオリンの曲は、
主役の渡辺謙たってのオファーで実現した雄巣鷹山遺族でバイオリニストの
お嬢さんが弾いてらっしゃるとか。
これが、とっても良い曲なので、これから観に行かれる方は、途中のトイレは
我慢しましょう(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。