スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★「TRU CALLING」★~「お待たせ!FOXドラマ新登場!」の段


週末に見ようと「アイ・ロボット」を借りて来たら
おまけに、「TRU CALLING」の第一話がついていた。





「TRU CALLING」


死者の声が聞こえるとき
彼女は、時をさかのぼる



全米で話題騒然の新感覚ミステリーなのだそうだ。

もちろん、制作は「Xファイル」「24」でおなじみの
FOXテレビ

5月の発売に先がけての宣伝みたい。
・・・で、早速見てみる。


【あらすじ】

医学部を目ざすトルゥー(TRU)は、モルグ(死体保管所)
インターンをすることになる。
初めての夜勤の日、死んだはずの死体に「Help me ~助けて!」
語りかけられたことから不思議な体験を。

彼女には特別な能力が備わっていて、死者の声を聞くと、人知を超えた
特別なパワーが働き、時間がその日の朝に逆戻りするのだ。
「Help me」と語りかけた死体は、すべて、無念の死を迎えた人たち。
彼女は、さかのぼった1日を使って、人生最後の日を迎える死者に接触し、何とか死を阻止しようと奔走する。



彼女がどうして、こういうパワーを持つようになったかという
その話は、このドラマの核心なので、伏せておいて、1話見た感想。


とにかく、ヒロインがパワフルに走る走る

そして、誰の助けも借りずに被害者を助けるその行動的な姿は、
実に魅力的。

どうして、アメリカドラマのヒロインって、こうたくましい女性が
多いのだろう。

「エイリアスの」のジェニファ・ガーナーもおっそろしく強いし、
「CSI」の女性捜査官もごっつい肩幅を惜しげもなくさらして、
ノースリーブで走り回る。

アメリカドラマのおもしろさっていうのは、この女性主人公の
キャラクター
のかっこよさっていうところがかなり大きいよね。

題材的には、そう新しいものではないでしょう。
この手の”特殊能力犯罪阻止話”・・っていうのは、私が
知っているだけでも、まだまだたくさんある。

古くは、「ミレニアム」
この主人公は、犯人の心が読み取れる超能力を持っていた。

「デッドゾーン」
こちらの主人公は、交通事故を機に、触れればその人の考えてる事が
判る特殊能力を身につけた。
(このドラマは、夏からスカパーで放映するの。楽しみ♪)

だから、この「TRU CALLING」も題材的にはたいして珍しくないし、
展開も予想どおり。

でも、おきまりのストーリーにもかかわらず、45分間、全く画面から
目を離すことのできないままに、一気にラストまで引っ張っていかれる
アメリカドラマの作り・・っていうのは、さすが。

この手の題材やら手法を日本のドラマでも、結構活用してマネてる
のもあるみたいなんだけど、どれもパッとしないのは、なじぇ?

日本のドラマでこういう凶悪犯罪捜査だとか、猟期殺人を題材にすると、
ただただ、残酷でグロい映像を並べるか、無意味に場面展開を
早くして、視聴者を混乱させるかだけなんだよね~。

作り方のセンスの問題なのかなあ。

表面的な部分だけを、マネするのではなくて、もっと細かい部分の
作りをマネして欲しいな~。

【データ】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「TRU CALLING」 2004年 アメリカ
主演 エリーザ・ドゥシュク ジェイスン・ブリーストリー

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。