スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレ★~『ミラーズ』~「行き着く先は、ジャック」の段

我らがジャックことキーファー見たさにレンタルした。

はっきり言ってスゴイです!
いろいろつっこみどころはあるけれど、結構楽しめます。
一見の価値はあるのでは。
でも、食事中に見るのはやめた方がいいかも・・


一言で言うと、


古典的ホラー + スプラッター + 『24』 + 
『エクソシスト』&”貞子”


・・ってとこかな。


【内容】

同僚の誤射という事件を起こし、一線をしりぞいている元刑事の
ベンは、火事で焼失して廃屋となったデパートの警備員の職につく。
あれはてたデパートの中では何故か鏡だけが一点の曇りなく磨かれ
ている。
ベンがその鏡に触れた瞬間、彼は家族をも巻き込む予測不能な
怪奇現象に巻き込まれていくことになる。


前半はすごく怖いです。放火によって廃屋となってしまっている
デパート。
おどろおどろしい雰囲気がとても良く出ている所に鏡が加わるから、
怖さ倍増。
鏡に映し出し出される姿をみてはひえ~っ、いきなりの音にドキッ、
不意打ちされてひゃーってな具合で目の離せない展開です。

・・で、おっかなびっくりの心理サスペンスかなと思いきや、いきなりの
スプラッター。

何てったって、妹アンジェラのシーンには度肝を抜かれた。
『エルム街の悪夢』の入浴シーンなんてもんじゃないよ。
思わず自分のあごを押さえてしまったのは、私だけでしょうか。
あー。トラウマになりそう。。

そして、後半は、キーファーの捜査官としての謎解き。
真相を段々と解明していく内に、何故か、”ベン”は”ジャック”に
変身して本領発揮であります。

悪魔を封じ込め静かに余生を送っている尼僧を、修道院に
押し入り、銃で脅して鏡の前に連れていくなんて、おいおいの
世界である。

「この人と話をしても通じない。」

別居中の妻の言葉の言葉が妙に意を得ていたりして・・(笑)

そして、続くラストのバトルシーン

悪魔との対決は、『エクソシスト』さながら。ついでに、配水管を
かけずりまわる悪魔は、貞子以外の何者でもない。怖いはずなのに、
何故かしっかり笑わせてもらいました。

でも、これで終わりかと思ったら、最後のオチは、なかなかなのよね。


「そう来たか・・」っていう感じで、なるほど、これが、パッケージの写真に

ある鏡の手の跡だったのかとすっきりでした。

それに、他にも同じ目にあった人が結構いるんじゃないかなと思うと
ゾクゾクとしてくる。
鏡を見るのが確かにちょっと怖くなったかも。


何故、少女が選ばれたのか、医師の治療が何だったのか、その辺の
所は不明であるけれど、


結論から言うと ”家族思い” のジャックならぬベンのせいで、封じ込め
られていた悪魔がその辺に出ちゃったってとこかな。

例によって、お騒がせキーファーでした。



ミラーズ (完全版) [DVD]
¥2,650
Amazon.co.jp



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。