スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレ★~『チェンジリング』~「ジミー佐古田も泣くぜ・・」の段


思い入れ★ホームシアター★日記-change


クリント・イーストウッドはやっぱりスゴイ!

『ミリオンダラー・ベイビー』を観た時、頭をハンマーで
殴られたような衝撃を受けたが、この映画も同じ。
ずっしりと胸に残る映画であった。

しかも
、”事実は小説より奇なり”

こんな話しが、実話を題材にしたというから驚く。

【あらすじ】

1928年。アメリカ。シングルマザーとして9歳の息子の
成長を心の支えに暮らす、クリスティン。
残業で遅くなったある日、息子ウォルターが、行方不明に
なってしまう。
警察に届けて必死に捜すクリスティンであったが、そんな
彼女の元に5ヶ月後警察から無事に保護されたとの連絡が・・
しかし、対面してみるとその子供は、全くの別人であった。


大体、赤ちゃんの取り違えならまだしも、9歳にもなった
息子をたかだか5ヶ月で見間違えるわけないでしょう。

・・とこのありえない話しにまずびっくり。

もちろん母親は猛反発。警察に抗議するが、逆に
精神病に入れられてしまう。

この辺の
警察のムチャクチャな隠蔽工作やら、精神 病院
シーンはあまりにショッキング。

三浦事件でおなじみのロス市警にたかだか80年くらい前に
こんな腐敗や権力の癒着が蔓延していたとは。
でも、考えてみれば、『アンタッチャブル』もこの頃の話し
なのだから、この時代のアメリカというのは、こんなもの
かなと変に納得してしまう。

しかし、正義の味方、イーストウッド監督は、この辺の
不正にざっくりとメスを入れ、市民運動→法廷での
勝利・・までを感動的に描いてくれる。
特に精神病院を開放し、罪もない女性達を釈放する
シーンは圧巻。

・・とこれだけでも十分満足行く展開であるのに、
同時進行で田舎の荒れ果てた農場でのおどろおどろしい
連続猟奇殺人の捜査の様子も描かれていく。

これが、やたらなホラー映画よりよっぽど良くできていて
ハラハラドキドキ。
ラスト近辺では、死刑間近の犯人との対決なんて、すごい
ヤマ場も用意されていて終始展開から目を離せない。

そして、その合間には、子を思う母の切ない心情も
しっとりと描かれていく。

息子の背丈を毎日チェックしていた柱の傷・・なんてのも
涙を誘う。

当時の町並みや服装なんかもレトロでいいんだな~。

街を走るクラッシックカーや、電話交換手が職場を
ローラースケートで移動してるなんて姿も興味深かった。
BGMともあいまって、全編、セピアの色調を感じさせる。


・・と、これだけの盛りだくさんの見せ場を作ると
大体、どこかでほころびが出るところだけど、
そこがイーストウッド監督。
完璧な構成で、”子を思う母の一途な心情”という一貫した
テーマの元、全くごちゃごちゃにならずラストまで
引っ張って行かれる。
(ラスト。最後の最後まで泣かせるエピソードも用意
されているし・・)

アンジェリーナ・ジョリーもいいんだな~。
彼女は、ビジュアルだけの女優だと思ったけれど、
この映画ではメークをぐちゃぐちゃにしての熱演。
母の”強さ”と”弱さ”をひしひしと感じさせる名演で
あった。



しかし・・。



やっぱり、重い映画・・・。



ラストのテロップ

あれを希望とみるか、絶望とみるか・・

悪は滅び、正義は勝つ。
でも、母親としては、結局、なんの解決もなし。

『生きているに違いない。』

という望みをつないで送ったという一生。
不謹慎ながら北朝鮮の拉致被害者のご家族の事を
思い出してしまった。

あまりにも切ない幕切れである。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。