スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレ★~「デトロイトメタルシティー」~「結構好きです」の段

『なんか頭を空っぽにできる映画はないかな~』

とTSUTAYAに行って、借りてきたのがこれ。
十分期待に応えてくれて、しばし現実逃避することが
できて、スカ~ッとした気分に。

【内容】

心優しい根岸宗一は、おしゃれなポップミュージシャンを
目指し田舎から上京した若者。
大学卒業後、夢がかないレコード会社と契約するが、
それは、彼の全く興味のない、”悪魔系デスメタルバンド”
DMCのボーカリスト クラウザー?世としてであった。
しかも、彼の意に反して、大ブレイク。カリスマ的な存在に
なってしまう。


原作のマンガは未読であるので(←読まない方がいいという
話しも・・)何とも言えませんが、とにかくそのテンポの良
これでもかこれでもかと沸いてくる小ネタのギャグに大いに
笑わされた。

ストーリーや、ストーリー展開は、まあ、ありがちな感じ。
前半の根岸くんとクラちゃんが行ったり来たりする場面や
DMCの影響を受けて不良になった弟を更正させる
あたりは、まさに古典的。
もちろん最後には、予定調和のエンディングが待っているが、
大森美香さんの脚本がおもしろいのと役者の皆さんの
演技力で久々に楽しく笑えた。

松山ケンジという役者は、『DEATH NOTE』位しか見た
事がなかったけれど、確かにスゴイね。

Lと今回の”おかっぱ×内股” 根岸くんとブラックで破壊的な
クラウザーさん、それから、たまにTVのトーク場面でみかける
方言丸出しの素の松山くん。

これだけいろんな顔を使い分けられる役者っていうのも珍しい
のでは。
他の作品も見たくなってきた。秋には、『カムイ外伝』の主役も
やるそうで、これも見に行っちゃおう~っと。

もちろん、いつもは、薄幸が良く似合う松雪泰子さんも、たばこを
舌で消したり、ボディコンで松山君を蹴り倒したりと、

”ここまでやるか・・”

というそのはじけっぷりには役者魂を感じて頭が下がります(笑)

その他、加藤ローサの美少女相川さんの天然ぶり、高橋一生
さわやか後輩ミュージシャン、宮崎美子のお母さんなど脇の人間も
おもしろすぎ。

でも、何よりも楽しいのが大倉孝二ふんするDMCの信者。

「そんなことクラウザーさんには、関係ないんだ~」

とか、

「これは、クラウザーさんの考えがあってのこと・・」

とか、全く意味不明な事や偶発的に起こったことまでことごとく、
正当化してしまうあたりがとにかく笑える。
大倉孝二って、スクリーン上では、『ピンポン』のアクマで初めて
遭遇したけど、毎度、毎度、出てくる度に決して期待を裏切らない
ので大好き。

そうそう、日本のメタルバンドをたたきつぶす為にやってきた
メタルの帝王ジャック。
安岡力也かと思ってたら、エンドロールにKISSのジーン・シモンズ
の名を見つけてびっくり。

確かにすごい存在感だけど、KISS世代の私としては、その変貌ぶりには、
ちょっとね~。
もうすぐ還暦だそう。
体型は、ちょい変わっちゃったけど、相変わらず、舌は長いのだろうか・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。