スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレ★「ダメージ」~「”超ダメージ”はないよな~」の段

TVのCMでは、柳原可奈子が「超ダメ~ジ~」とかわけの
わからない事を言っているせいで、変なホラー映画みたいな
印象を受けるかもしれないけれど、実際は、なかなか上質の
法廷ミステリーです。


 【内容】

 ニューヨーク。血まみれの女性が警察に逮捕される。彼女は、新進の弁護士
エレン・バーソンズ。容疑は、婚約者である医師殺害容疑。彼女は、無実を
主張するが、状況は彼女にとって不利なことばかり。
 一転して、逮捕から6か月前のシーン。彼女は、カリスマ弁護士パティー・
ヒューズの事務所に採用されて、弁護士としての一歩を踏み出す。
婚約者との結婚式も決まり、順風満帆な人生を歩み出したかと思えたが、
実業家フロビジャーを相手どった企業裁判を担当する事となったために、
思わぬ事件に巻き込まれてしまう。

 
 敏腕カリスマ弁護士は、かの名女優、グレン・クローズ。

 彼女見ると、どうしても「101匹わんちゃん」の悪女クルエラ
思い出してしまうのだが、このドラマでもクルエラのようなこわ~い女性を
演じている。

 このドラマの謎解き以外のもう一つの楽しみは、カリスマ弁護士パティーと
パティーにいびられ、利用される主人公の新人弁護士との女の戦い。
そのやりとりは、まるで
「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープとアン・
ハサウェイのよう。
 メリル・ストリープもなかなかだったけれど、グレン・クローズも決して
後にはひかない”鉄の女”を完璧に演じている。

 彼女を見るだけでもこのドラマは、一見の価値あり!
 
 ただ、それに比べて、主人公の女性は、ちょっと空回りかなとも思う。
 BSで放映された時の吹き替えがイマイチだったせいもあるのかも
しれないけれど、やたら、ヒステリックで、ちっとも可愛くないんだよね。
婚約者・・いい人なのに気の毒すぎ。
 アン・ハサウエィがとっても可愛くて魅力的だったのに比べてこちらの
ライバルは、ちょっと見劣りしてしまう。
 
 
物語の展開は、13話もありながら謎が謎を生み飽きる事がない。


 特に現在のシーンと過去のシーンを巧みに交錯させて、「え?あれは、
何だっけ?」とか「ああ、これがあの時の・・」とひたすら頭を使わされる
手法はお見事。
 おまけに、現在のシーンをフラッシュバックのようなシーンにして、視覚に
訴えるという手法が、ハラハラドキドキ感を高まらせてくれる。

 
ただ、ラスト。

 残念ながら、引っ張って引っ張って


 『挙げ句の果てがこれかよ・・』


というような結末ではあります。ひねられていない犯人、そして動機。

 特に最終話にいたっては、全編、あれあれと言う感じ


 何でも、season2が作られるとか・・。
 seaon2作るからって、無理矢理、最終話を次のseason の予告編に
するやり方。
 アメリカドラマの常套であるけれど、いい加減にして欲しいな。


 ・・とこの文章書いていたら、TVで新しい「ダメージ」のスポットCMが。
今度は、とってもリアルな内容で・・。
 そうそう、こうでなくてはね。


ダメージ シーズン1 VOL.1
¥882
Amazon.co.jp





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。