スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★イン・ザ・カット★~「脱ぎ損?」の段

ふとした気まぐれで借りて来てみたけど、ちょっと後悔。

「in the cut」 っていうのは、

語源は女性性器だそうですが、秘密の部分安全な場所
指すのですってね。

主役のフラニーにとっての、
普段の生活の中で抑圧されている
女性としての欲望・・っていうのが、”in the cut”なんでしょうね~。

・・と言うことで、題材は、猟奇殺人なんだけど、サスペンスというよりは、
女性の性(さが)をテーマにした作品。

ただ・・

”女性”を題材にした映画だとすれば、
犯行現場のシーンとか、バラバラ死体のオンパレードで
えげつなさすぎ。
かといって、サスペンス映画としては、ストーリーも
単純だし、緊迫感もあまりなし。
犯行も犯人も必然性が希薄。

この映画は、
メグ・ライアンが新境地を開拓した作品ということで、
すべてをかなぐり捨てての体当たりの演技
これは、わかるんだけどね。
ただ、魅力はそれだけとも。

テーマは、多分”赤”なんでしょうね。

血の赤
情熱の赤
性的エネルギーの赤


でも、なんかなあ・・。
所々、イメージ映像的な場面があったり、リリカルな詩の
フレーズ
が使われたりとかで、なかなか雰囲気でてはいる
のだけど・・。(冒頭のケセラセラも良かったです)
ちょっと見ていて疲れてしまった。

そうそう、出演者にケビン・ベーコンの名前があったけど、
もしかして、あの犯人のダミー役?

彼をあんな風に使うなんて、もったいな~い。(><)


【評価】 ★☆☆☆☆

【今日のひとこと】

  ♪情熱の花、燃えているよ~  (by 「HEAVEN」)

【データ】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「イン・ザ・カット」 2003年 アメリカ
主演 メグ・ライアン、マーク・ラファロ、ケビン・ベーコン
監督 ジェーン・カンピオン

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。