スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレあり★「バベル」~「グローバリゼーションの影で・・」


baberu


巷の感想を読んでいると賛否両論さまざまだけど、
私は、久々に見応えのあるドラマを見た・・っていう感じで
見て良かったと思った。
スカッとする映画ではない。
重くのしかかる映画。
菊池凛子の話題性だけで見に行ったら後悔するのでは?
?
テーマはズバリ
?
”今や家族でさえも心が通じ合わなくなった現代人の心。
 孤独な魂。”
?
言葉の壁、人種の壁、そして、国家間の壁。
そして、言葉の通じる家族や友人でさえも心が通じ合わなくなった。
そんな人類に希望はあるのか??
?
ということみたいなんだけど、私が見終わって感じたのは、
格差社会への痛烈な批判。
特に、アメリカやら日本やら先進国に対する批判かなと。。
?
ストーリーの軸となっているブラピ夫妻と役所親子の
”心が通じ合わなくなった・・”という悩みも所詮は、
恵まれた階層の贅沢な悩み。
?
彼らが悩み、傷つき、そして再び一縷の希望を手にした影で、
彼らの”無意識の中での悪意”によって、絶望的な状況に
追い込まれている人間達がいる。
?
ブラピ夫妻が子供を置いて、”自分たち探し”の旅にでていたが為に、
留守をまかされたヒスパニア系家政婦は、16年かけて必死で築いて
きたアメリカでの生活のすべてを奪われる。
彼女は、ただ、自分の子供の結婚式に出たかっただけなのに。
?
一方、妻に猟銃自殺をされた役所父は、凛子娘と心が離れて
しまったことに悩んでいる。
娘も娘でぶつけどころのない悲しさやさみしさをどう解消したら
よいかわからず、自暴自棄の生活を送っている。
?
でも、あの贅沢なマンションでの生活をみたら、
?
「その悩みってなんなの?」
?
・・と思ってしまう。
?
父が娘との関係に悩んでいる間に、父が無責任に渡した一丁の
銃の為に、モロッコの一家族は、長男は射殺され、次男は、逮捕
される。
家族間で悩むどころか、もう二度と、家族の間で心を通わす事が
できなくなり、永遠に引き裂かれてしまったのである。
?
バベルの塔
?
旧約聖書の時代、傲慢になった人間は神を越えようと天まで届く
塔を作り上げようとした。
それが、神の怒りをかい、塔は崩され、今まで共通言語を
話していた人間は、バラバラの言葉を話すようにされ世界各地へと
散らせれてしまった。
?
現代は、このバベルの時代であるという。
?
ラストで東京の夜景に映し出される高層マンション。
これは、まさに、現代のバベルの塔を象徴しているに違いない。
?
高度成長、先進技術・・傲慢な人間は、再び神の怒りを買って、
今度こそ本当にひとりひとりバラバラにされてしまうのではない
のではないだろうか。
?
ラスト近く、やっと救援にかけつけたヘリコプターに乗り込むブラピが
最後まで付き添ってくれた現地人のガイドにお金を渡すシーンが
印象的。
?
そのガイドは、同じアメリカ人のツアー客がバスごと逃げ出した後も
一人残ってブラピ夫婦の助けとなってくれた。
そんな彼にブラピは、感謝の気持ちで、財布からお札を抜いて渡そう
とするが、ガイドは辞退する。
ところが、ブラピは、”これでは足りなかったのか・・”とばかりに、
財布からもっとたくさんの札束を抜いて渡そうとする。
もちろん、ガイドは頑として受け取らない・・。
?
先進国の人間って、結局こういう形でしか感謝の気持ちを表せない
っていうのが哀しい。

つけ足しだけど、ブラピの娘役の少女。
ダコダ・ファニングに似てると思ったら実の妹だって~。
早、大物の風格であった。
?
?
?
?
?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。