スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★不信のとき★~「最終回でぶち壊し・・」の段

「不信のとき」の最終回。
嫌な予感はしていたが、予想どおりのつまらない
終わり方
だった。(笑)

先日、原作の感想でも書いたけど、原作は、
ドラマの10回位のところで終了。

感想は、こちら  ↓ ↓

http://ameblo.jp/samemoon/day-20060915.html

もちろん、原作では、夫は、進行性のガンで急死したりしないし、
小柳も逃げられた愛人が歌手として成功した姿を街頭のTVで
見て涙ぐんだりしない。

ただ、結論の部分は、小説もドラマも同じ
かな。
?
夫は、本当に無精子性だったのか。。
妻の子の父は?愛人の子の父は?
?真相は、藪の中。
・・てな感じ。

でも、同じ結末でも原作とドラマは何か違うんだよね。

そもそものこの原作のテーマっていうのは、

昭和40年代。日本が高度経済成長期のまっただ中に
いる頃、経済的にも精神的にも余裕の出てきた男性が、
浮気は男の甲斐性・・とばかりに、遊びに勢を出す。
そんな男性達に、まだまだ社会的に地位の低い
女性達が泣かされるが、実は、一見、従順なフリをしながら
手ひどい復讐をする。
?
(これって、作者の有吉佐和子自身が離婚経験者で女手ひとつで
娘を育てて来た・・っていうところに大いに関係があるのでは・・)
?
そんなテーマだから、ラスト、誰がどっちの子かなんて、はっきり
言ってどうでもいい事なんだよね。
いや、逆に曖昧で終わったからこそ、永遠に悩み続けなければ
いけない夫の苦しみが出ていて、復讐もより怖さが増すのである。

ところが、このドラマと来たら最終回で一気に流れを
変えてしまった。
?
家政婦の和子さんは、はじめは文字通り”家政婦は見た!”
状態の野次馬根性であったはずなのに、子供を盾に
いつのまにやら正論をぶって道子を説教してるし、
?
あれだけ自己主張をしていた愛人は、最後は、愛する彼の為に
身をひいて、”愛人とは、ひっそりと・・”みたいなやけに殊勝な態度を
とっちゃうし、
?
夫にいたっては、死を間近にして、
”僕が子供を産んで欲しかったのは、君だけだ・・。3人は家族だ・・”
な~んて、すっかりもそもそもの原因が自分にあることを忘れてしまって
いる。
?
そんな、一同、物わかりの良いいい人に変身してから、
”真相は藪の中・・”って言われてもね~。
一体何を訴えたいのか意味不明ですね。
?
ラストの思わせぶりな映像のオンパレードもひどかった

いい加減、ドラマ関係者は、真相を明かさない事で、ドラマに
謎や余韻を残すのではなく、ただ視聴者を消化不良にさせるような
作り方はやめてくれくれ~。
?
・・とまあ、せっかく楽しみにみていたドラマのラストが
つまらない程、腹の立つことはないもんで・・。
腹を立てる事自体が、つまらない事なんだけどね。(笑)
?
そうそう、もう一つ嫌な予感がするドラマがNHKの「純情きらり」
?
これも、来週ラストを迎えるが、これまた、なんだかとんでもない
終わり方をしそうで恐怖・・。
?
このドラマ。現在、ものすごい人気のようで、昨日の朝日新聞で
大きく取り上げられていた。
?
その中に、
?
”原作に惚れ込んだ作者が、展開を大幅に変更し・・”
?
なんて、あったけど、
惚れ込んだんなら、変更なんか、するな~~。
・・と思うのは私だけであろうか・・。
?
「純情きらり」については、まだまだ言いたいことはたくさん
あるので、また今度。
?
?




?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。