スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★マチベン★~「予想どおりのおもしろさ♪」の段

井上由美子さんの脚本であると知って
第1回を録画しておいたのを昨日見る。

「白い巨塔」「タブロイド」「きらきらひかる」

彼女の作品は、いつもまでも記憶に残る
本格的で骨太なドラマばかりなので、楽しみに
していたが、今回の「マチベン」も期待どおりの
おもしろさであった。
?
「マチベン」というのは、町の弁護士。

弁護士というと、企業の弁護士や会社役員などの
お抱え弁護士を想像してしまうが、”マチベン”は
離婚から、借金までの種種雑多な事件を、着手金
なしで扱ってくれる庶民の為の弁護士をいう。
そんな彼らを”町”ではなく、”待ち”←はやっていなくて
依頼人を待つ・・と揶揄する人たちもいるそうだ。
?
「白い巨塔」では、医療の現場を通して、人間の”生”
いうものをじっくり見せてくれたが、この”マチベン”でも、
司法という立場から、物事の”真実”を追求していく。
?
?
主役の江角マキコは、個人的には余り好きな役者では
なかったが(←ごめんなさ~い)、この役はハマリ役。
知的で颯爽としたその姿は、見ていて気持ちいい。
その他、沢田研二、山本耕史など、芸達者な役者さんが
揃っていて、最初から最後まで全く飽きさせず、ドラマが
展開していく。
?
この手の法廷ものや、刑事物というと、各回ゲストを招いて
1話で一つの事件を完結させていく形式がほとんどであるが、
このドラマなそんな形をとりながら、大筋に大きなミステリー
隠されているのがおもしろい。
?
ドラマの冒頭は、江角マキコ扮する天地涼子が、法廷で
殺人未遂の被告となり、山本耕史扮する神原弁護士が
無罪を主張するところから始まった。
?
何故、天地弁護士は、告訴される事になったのか?
元々、検事であった天地が何故、弁護士になったのか?
時々登場する天地の手紙の相手、刑務所に服役している
竜雷太扮する男性は何者なのか・・。
?
次回以降、ほんと楽しみなドラマである。
?
?
?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。