スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレあり★~「ニュースの天才」

ニュースの天才
国会議員までが捏造メールをマジで信じてしまう
今の時代、ちょっとやそっとの記事のでっちあげや
やらせには、驚かなくなってしまった。
?
この映画もそう。
?
”記事はおもしろければいい”
?
そうそう。多少、脚色が加わったとしても、国政を
左右する記事ではないのだし、あの位、どこの新聞社でも
多かれ少なかれやっているはずだから、いいじゃない。
?
・・な~んて、この映画を見て不謹慎にも思ってしまった。
私自身も最近、報道の『真実』に対する感覚がマヒしてしまったの
カモ。
危険だよね。これって。
?
?
【内容】
?
アメリカに実際にあった事件。
ある日、権威ある”THE NEW REPUBLIC”誌の若手記者、
スティーブン・グラスの記事に捏造疑惑が持ち上がる。
しかし、グラスは、一切認めず、必死の弁明を続ける。

?

?
90分余りの比較的短い映画で、特にドラマチックな物語が
あるわけでもない。
はじめから最後まで、グラスの書いた記事をめぐって、記事の
捏造を疑ったネットマガジンの記者、上司である編集長、同僚など
とのやりとりが、ドキュメンタリータッチで描かれていく。

?
でも、これが結構、テンポもいいし、おもしろい。

?
適当に”ながら”で見ていた私も最後の方は、真剣。
結局、最後まで見終わった後、適当に見ていて不明だった点を
解明するべく、最初に戻ったらまたまた最後まで見てしまった。(笑)

?
それにしても、ちょっと調べたら明らかに捏造であるとわかるような
記事をさんざん書きまくっていたグラス。
彼のジャーナリストとしての倫理観の欠如ももちろん問題であるが、
内部のチェック体制の甘さというものが非常に目についた。

?
明らかに捏造であると判ってもまだ、彼の事を信じようとし、
嫌われ者の編集長の仕組んだ事だと思ってしまう同僚達。
?
ジャーナリストとして、シビアな”目”を持っているはずの彼らも

?
”仲間” ”好青年” ”才能”

?
こういったキーワードにはその”目”も鈍ってしまっていたのだろうか。

?
最も、ラストで同僚達が、もう一度、”ジャーナリスト”に戻り、客観的な
態度を取る事ができた点には救われたが。

?
全編の中で、最も印象に残ったのは、冒頭から要所要所で流れて
いたグラスの母校での講演のシーン。

?
虚しいよね~。

?
グラスだって、はじめは、正義感に燃えてペンを手に取り
ジャーナリストを志したはず。
そんな彼があそこまで追い込まれたのは、過剰な期待への
あせりからか・・。
そう考えると、読者にも捏造を生んだ責任があるってことかな。

?

?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。