スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★クラッシュ★~「作品賞にふさわしい感動作!」

crash



いつも思うのだけど、アカデミー賞にノミネートされる
作品ってどうして、日本での公開が遅いの?
そして、どうして、単館上映の作品が多いの?

ノミネートされる作品って、アメリカでも、単館上映なの
かな??
ヒット作品ではなかったの?

もし、そうでないとしたら、日本の配給会社は見る目が
ないってこと??(笑)

今回、アカデミー賞の作品賞を含む3部門を受賞した
「クラッシュ」
も上映してる所を探すの結構苦労した。

それでも、元々は、単館系シネマだったのが、
オスカー受賞で、改めて拡大上映されたそうで・・。


クラッシュ」-crash”というのは、”ぶつかる・衝突する”の意。
その題名とおり、この映画も、ロスのハイウェイでの激しい
衝突事故から始まる。

でも、”車の衝突”だけを、クラッシュと言っているのではない。
実際は、そこにいあわせた人種・職業・階層、趣趣雑多な人々を
取り巻くいろいろな場合・場所での”クラッシュ”がテーマ。


これが、わずか、2時間の映画でありながら、実に丁寧に
描かれていく。

「クラッシュ」という題名。よく見かける、事故で助け出されるシーンを
映したスチール写真。雑誌などの紹介記事。

これだけが、予備知識であったが、見る前は、人種差別をテーマにした
骨太の社会派ドラマか、はたまた、アクションドラマか・・と思っていた。
ところが、実際は、ひとことでは語れない
”人間の心”の複雑さというものに、
真っ正面から向き合い、じっくりと描き出した人間ドラマであった。

展開的には、「24」である。

同時進行でいくつもの”ドラマ”が進行していき、その”ドラマ”の
それぞれの主人公がいろいろな場所で接点を持つ

こういう形式のドラマだと、やたら、薄っぺらなエピソードの
てんこ盛りやら、
派手なアクションの連発やら、映画が終わっても
整理しきれない複雑な人物関係な~んて事しか印象に残らない
作品が多い。

この映画も、確かに、登場人物どおしの接点があまりにも偶然すぎ

”現実にはありえない偶然な出会い”(←女医が誰だったか、気がつき
ました~?)なんて所があるにはある。

だが、ひとつひとつのエピソードが、決して薄っぺらなものではなく、
それぞれが、見る側にいろいろな問題を提起し、じっくりと考えさせて
くれる。

エピソードも”人種差別”と言う問題だけにとどまらず、介護問題、
夫婦問題、親子の関係など人間をとりまくさまざまな問題をテーマに
している。

そして、なんと言ってもこの映画の素晴らしいところは、この手の映画だと
やたら重くなったり、後味の悪い思いをする事が多いのであるが、
この映画の監督も脚本も”人間”をとても暖かい目で見ている所にある。
?
この映画の脚本家は、「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本家だそうだが、
あの映画もテーマの重さに反して、見た後、何故か、清々しい涙
流させてくれた。この映画も同じである。

夏目漱石は、その小説「こころ」で、

「そんな鋳型にいれたような悪人は世の中にあるはずがない。
 平生はみんな善人なんです。」

・・と書いていたが、この映画を見て、その一節をふと
思い出した。
?
人は、ちょっとしたきっかけで、善意に満ちた人間にもなれば
悪意に満ちた人間にもなる。

アメリカにおける人種差別の根は深く、単一民族で国家を形成
している日本人には、安易に口を挟める問題ではない。
ただ、これだけは言えると思うのは、人種差別というのは、先入観に
よる偏見以外の何物でもないということである。
?
人間に”本質的な悪人”というものがいないのなら、深刻な人種差別も
各人のちょっとした心の持ちようで、もしかしたら無くすことができる
のではないだろうか。
そんな救いの部分を残してこの映画は終わったような気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。