スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★パッチギ!★~「ちょっと「GO」を思い出した・・」の段

パッチギ ! スタンダード・エディション
ちょっと、日にち経ってしまったけど、日本アカデミー賞。
作品賞他、「ALWAYS 3丁目の夕日」が総ナメでしたね。
「パッチギ!」残念でした!
?
でも、これが本家アメリカのアカデミー賞だったらどう
だったろう。
何となくではありますが、「パッチギ!」の方が、受賞したような
気がしたのだけどね。
でも、日本アカデミー賞の選考基準は、やっぱり、”社会派”よりは、
”万人受け”だとしたらちょっと無理だったかも・・。
?
?
【内容】
?
1968年、京都。高校2年の康介は、かねがね敵対する朝鮮高校に
親善サッカーの試合を申し込みに行く。
そこで、康介は、音楽室でフルートを吹く、朝鮮高校の番長の妹である
キョンジャにひと目ぼれする。
?
?
ベースとなっているのは、かつて一世を風靡した
フォーク・クルセダースの名曲の「イムジン河」そして、
「悲しくてやりきれない」
?
幼い頃、耳にしたメロディーに、意味は全くわからなくても、
?
「なんて、美しい曲なんだろう・・」
?
と思っていたこの曲が、発売禁止になるような思想的な意味を
含んだ曲だと知ったのはいくつになった時の事だったろうか。
?
でも、そんな事を知らなくても、そして、根底に流れる思想に
賛否両論があったとしても、この曲が美しく、私の胸にしめつける
ような感動を呼んだことに間違いはない。
?
この映画もそんな感じである。
?
背後にある思想を持ち出せば、評価もいろいろであろう。
でも、そんなものを抜きにしても、登場人物それぞれの青春時代の
『ひたむきさ』、『苦悩』というものは、私に大きな感動を与えてくれた。
?
「AlWAYS 3丁目の夕日」古き良き時代の日本の家族
思い出させてくれるのなら、この「パッチギ!」は、古き良き時代の
日本の熱い若者を思い出させてくれる。
?
あの当時、若者は、純粋で熱く、何にでも一生懸命だった。
一生懸命過ぎて、バリケード張っちゃったり、警察にお世話に
なったりなんかもしたけど、でも、今の無気力で、自己中心的な
若者達に比べればどれだけ、人間らしく生きていたことか。
?
そんな、ひたむきな若者代表の主人公を演じる塩谷瞬(←この人
ハリケンジャーなの???)が実にいいです。
最後、ラジオ曲で歌う歌、最高。
?
日本映画にありがちな、出血(?)大サービスの暴力シーンの
エグさもあの歌で許せてしまいました。
?
そして、主演以下、出演者もとってもいいです!
?
ヒロインの沢尻エリカ。今、TVで話題になってるようだけど、
ほんと純情可憐で可愛いです。
そして、主人公の相談相手である、オダギリージョー、ディレクターの
大友康平もいい味だしてますね。
巷で評判のオダギリ・ジョー。
「血と骨」より、こういうさりげない脇役の方が好きだな。
?
そして、なんと言っても、実際は、多くの問題を含んでいるにも
かかわらず、最後、ハッピーエンドで終わったのがいいです。
?
あの二組のカップルには是非とも幸せになってもらいたいものです。
?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。