スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田和正 TOUR2005 「これが、ほんとの ”おわり名古屋”のツアーファイナル♪」

oda1


たべものの話しばっかりしてて、
一体、何の為に名古屋に行ったのか
本題について書くのを忘れるところだった。

今回の名古屋行きの目的は、半年間、月例行事の
ように行っていた 小田さんのライブ

Kazumasa Oda Tour 2005
”大好きな君に”

ファイナルステージを見にいく為。

もう、1ヶ月近く経って今さら・・って気もするので、
内容については、多くは語りませんが、私の中では、
まだまだあの時の光景がくっきりと。

いやいや、素晴らしかったです。

前回、6月に名古屋公演に行った時は、
招待席とおぼしき人たちも多数で、アンコール前に
ゴソッと帰ってしまってとっても寂しいものだったのだけど、
今回は、すごい盛り上がりでした。

2度のアンコールの後、ラストを告げるアニメの映像が流れても
お客さん9割方帰らなくてずっとアンコールの拍手。
当然、メンバー再登場で、プラス2曲歌ってくれました。

まあ、それだけじゃないけどね。

私もいろいろなアーティストのライブには、そこそこ
行ってるつもりだけど、あんなに余韻のあるライブも
初めてだったな。
何だか、帰るのがもったいなくて、終演後、1時間近くも
レインボーホールのあたりをうろうろしちゃいました。

半年に渡る今回のツアーは、全25ステージだったとか。
私は、その内の8公演に参加。
これって、多いの?少ないの?
私的には、ちょっと、努力が足りなかったかな・・とも。(笑)
それにしても、2005年は、小田漬けの一年だった。
学生時代に、レコードがすり切れるまで(CDの場合はなんて
言うの?音が飛ぶまで?)毎日、毎日、飽きもせず聞いていた
オフ・コースのあの小田和正に、まさか、この年になって
こんな形で夢中になるとはね。
でも、小田さんに再会して、何よりもうれしかったのは、
決して、小田さんのコンサートが懐メロコンサートだったり、
過ぎ去った若い日を思い出させてくれるものではなかったと
いうこと。
しっかりと現役で、しっかりと進化し続けていた小田さん
6月に出したオリジナルアルバム「そうかな」は、50万枚突破とか。
「また、頑張って曲書いて、必ず逢いに行くから。」
・・とステージから叫んでいたその言葉を信じて、私も頑張るぞ~♪








oda2



会場のレインボーホール ↑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。