スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★インファナル・アフェア ? 終極無間★~「?も作って~」の段 

ポニーキャニオン
インファナル・アフェア III 終極無間

チャンだか、ヤンだか、ヨンだか、ただでさえ、東洋人の名前と
顔の識別が苦手なのに加えて、この映画は、時間の流れも昔と
今を行ったり来たり。
恐れていたとおり、1回見ただけではストーリーの展開がいまいち
理解できず。1.5回見てやっと全貌がつかめた。

3作続いたこのシリーズもいよいよこの?が最終話。

3話見較べるてみると1話目がやっぱり圧倒的におもしろいかな。
その感想は、ココ↓↓に書いてあります。


「”無限”じゃないよ。無間だよ」の段



「ヤンとラウが帰ってきた。かなりおすすめだよ!」の段



でも、この?も1にはかなわないもののなかなか良かった。

?は、?や?に較べて、アクション映画というよりも、
人間ドラマ。

アンディ・ラウ扮するラウの心の葛藤が丁寧に丁寧に描かれていく。

ラウは、善人になる為・・はたまた、証拠隠滅の為(?)、一生懸命
頑張っているのに、世の中そう甘くはないのね。
悩み抜いた彼が陥った先は、現実と妄想が錯綜した世界。
これこそまさに、無間地獄っていう奴だわ。
生き残ったから”勝者”っていうわけではなかったって所がミソ。
これなら、?のラストで警察につかまっていた方が彼は早く
楽になれたねと思わせる。
そんなラウの苦しみをアンディー・ラウが熱演。
あの実直そうな顔に浮かぶ苦痛の表情。たまりませんね。
?
もう一人の主人公ヤンのエピソードについては、今回は、確かに
重要なポイントと思われる所もあるけど、トニー・レオンを出すが
為に、無理矢理くっつけたエピソードでは?・・というような印象を
受ける場面も。
所詮は、死んでいる男。無理して見せ場作らなくても良いのにね。
でも、つけたしエピソードであっても、トニー・レオンのファンなので
大歓迎でした。かっこよかったです。はい。
?
香港映画っていうと、どうしてもカンフーやらコメディー調のアクション
映画を想像しちゃうけど、この映画は、人間の心理を深く掘り下げて
いて、実におもしろかった。
構成とかもすごく工夫されてるしね。
やっと完結したことだし、?→?→? 続けてもう一度見なくてはね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。