スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スウィング・ガールズ」~「シンクロの次は、ジャズ!」の段

東宝
スウィングガールズ スタンダード・エディション

「若いっていいな~。」
「何かに打ち込めるっていいな~。」
「音楽っていいな~。」
?
・・と思わせる一作です。
「ウォーター・ボーイズ」の女子高生版ですね。
確かに、設定、展開は同じ。
決して”優等生”とは言えない高校生を主人公に
して、その”何かに打ち込む”姿を感動的に描いて
います。
・・とは言っても、涙のスポ根でもなく、多感な高校生の
心の葛藤・・なんてのも描いていません。
?
【内容】
?
夏休みの補習をサボる為に、吹奏楽部のお弁当を
届けた事が発端となって、行きがかり上、ビッグバンドを
編成することに。
練習の大変さに初めが適当だった彼女たちもいつしか
ジャズの魅力に魅せられて、自分たちの力でバンドを
結成することに・・
?
単純明快。コミカル。肩の凝らない作品。
矢口監督お得意のタッチで、特に深刻ぶるでもなく、
あちらこちらに笑いの小ネタを交えながら、淡々とドラマは
進んでいきます。
それでも、見終わると何だか清々しい感動が残って、元気に
なるから不思議。
?
作品のおもしろさや、竹中直人の使い方(?)としては、
「ウォーター・ボーイズ」の方がおもしろいと思うけど、
「スィング・ガールズ」の一番の魅力は、”なまり”かな。
山形でロケしたみたいだけど、四季の美しい自然となまりが
ジャズというミスマッチな題材と一緒になったところが何とも
魅力的。
?
あの演奏もすべて本人達が猛練習の末、自分たちで行った
ものとか・・。
最後の演奏、ほんと感動しました。
?
音楽って、ほんといいですね!
?
?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。