スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★「リベリオン」★~「ガン・カタ?ガン型?・・和製英語~??」の段

アミューズソフトエンタテインメント
リベリオン -反逆者-


「バットマン・ビギンズ」クリスチャン・ベール
なかなかかっこよかったんで、彼の作品の中で、
カルトな筋では評判の「リベリオン」見てみました。



この映画は、興行的には、余りヒットしなかったようで・・。
本人も「バットマン」のインタビューの中で、
「あんまり見た人がいない映画・・」って、言ってる。

?
一見すると「マトリックス」かな。


スタンドカラーの黒のロングコート姿も同じなら、
スタイリッシュなアクションもおんなじ。
それと、結構、おもしろかったけど、3日経ったら
忘れちゃいそうなとこも同じかも・・・。(^_^;)
?
?
【内容】
?
第三次世界大戦後、地球の破滅を恐れた人間は、
争いの根源となる「感情」をコントロールする薬を開発。
人々は、政府によって、闘争心だけでなく、すべての感情を
持つことを禁止され、本や絵画、音楽なども一切禁止されて
いた。しかし、それに反対する人々は、地下に潜伏して反政府
運動を起こしていた。
違反者を取り締まるブレストンは、ガン・カタの達人。
ある日。誤って薬ビンを割って薬を投与できなかったブレストンは、
忘れていた「感情」を呼び起こされていく。
?
?
クリスチャン・ベール、最高!


無表情で淡々とガンを打つところなんか、この役にぴったり。
それに、アクションもあくまでスタイリッシュでしなやか。そして、
クール。
いろいろ説明されたけど、結局、なんだかよくわからないガン・カタ
シーンは、ほんとかっこよかった。
?
でも、いつも思うのだけど、どうして、ハイテク武器駆使した戦闘でも、
最後は、カンフーか、チャンバラの一騎打ちになるのだろう・・。
アメリカ人ってほんと、忍者やら刀がお好きなようで・・。
?
内容的にもツッコミどころは、例によって満載。
?
情け容赦なく行うはずの違反者の処刑がやけに芝居がかってるのも
笑っちゃったけど(←何故に赤いガウン?)、感情ないはずの
宿敵のブラント(←後からペア組んだ人)が、出世欲にとらわれている
のも何だか、変。
『出世したい。成功したい・・』っていうのは、人間の持つ大きな感情のひとつ
だと思うのですが・・
?
でも、最後、悪者全部倒して、明るい未来を暗示させる終わり方は、
良かったな。
できれば、犬だけでなくて、彼女の方も救って欲しかったけどね。
?
クリスチャン・ベール。
次は激やせ「マシニスト」を見ようと思ったら、まだ、レンタルされていない
ようで・・。
なら、「アメリカン・サイコ見てみようかな。
これまた、カルトな映画のようで・・。楽しみなり。
?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。