スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI 科学捜査班

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「CSI 科学捜査班」 2000年 アメリカ
主演 ウィリアム・L.ピーターセン 他
監督 ジェリー・ブラッカイマー、
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

仕事から帰って、お昼を食べながら、CSIの第3巻を見る。
もともと、「24」をseason3まで制覇し、「ロズウェル」の続きが
見たくても、いつも貸し出し中でなかなかゲットできないという
ジレンマの中、一時のひまつぶしから手を出したシリーズ。

だって、ふれ込みでは”全米制覇のNo.1視聴率~!”だし、”各TV賞
総なめ~”だっていうから、これは、見なくてはと・・。

でも、3巻第8話まで見たけどなんか退屈。。

「単純に一話で一つの事件が解決するのではない。」っていうのが、
売りだそうで、一話に並行して、いくつかの事件が展開されるのだけど、
逆にそれが、ひとつひとつの事件の内容を薄くしているような気が・・。
45分間、見ていて飽きさせないし、テンポも速くて良いのだけど、
いまひとつ各話にのめりこめないなあ~。
事件の影にドラマはある・・ってことで、捜査班の皆さん、いろいろ
試行錯誤したり、感情移入している”風”なんだけど、そこまでは、
読み取れないな~。

1話1話に人間ドラマが・・っていうより、「科学捜査班日誌」を
読まされてるよう・・。

それから、「科学捜査班」なんで仕方ないけど、死体やら血しぶきやらの
乱発にちょっと辟易・・。
エグいのは、そう苦手ではないのだけど、死体とか、血痕。
ちとリアルすぎやしないか~?
これが、全米視聴率No.1かい。趣味わるっ~。

・・って思ったけど、一番エグかったのは、これ見ながらお昼ご飯食べてる
私かも・・。(^_^;)

そういや、今日見た第7話に、ダコタ・ファニングが出てた。
彼女って、「かわいい~♪」って評価高いけど、私に言わせると
顔はかわいいけど、なんか、不気味~。
「TAKEN」もそうだったけど、ああいう無口で無表情。
なんでも知り尽くした子供・・って役が実にうまい!

天才子役っていうと、”純真可憐””けなげ”っていうのが、定番だけど、
(・・そう。 ハーレーくんのように・・)そうじゃないとこがすごい。
彼女の素顔ってどうなんだろ。
あれが演技だとしたらすごすぎだわ。。

・・と話がそれた。
まあ、その程度のドラマかな・・って。



<評価> ★★☆☆☆


<今日のひとこと>

元気ハツラツ~。ないぞう破裂~・・。おえっ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。