スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレ★~「カイジ~人生逆転ゲーム」~「『ライアーゲーム』とどっちが先?」


思い入れ★ホームシアター★日記-kaiji

原作のマンガは未読。

マンガやTVのアニメを見ていた人とストーリーをつきあわせて
みたらかなり違ってた。
かなりのダイジェスト版みたい。

でも、全く予備知識ゼロだったおかげでかえって楽しめた。
脇役含めてとにかく芸達者な役者を集めているので、「ありえないよ・・」と
思いながらも、結構最後まで一気に見てしまった。

【内容】

友人の保証人となった為にやくざな金融業者に取り立てをくらった
カイジは、苦肉の策として、業者が提案した一発逆転をかけた
クルーズツアーに参加する。しかし、それは負ければ莫大な借金を
抱え身を破滅させる大ばくちであった。

ストーリーは、ちょっと前までマイブームだったフジTVの
『ライアーゲーム』のような感じ。
じゃんけんとか、カードゲームとか、単純なゲームを心理戦の
かけひきで勝ち抜いていく

でも、この二つは似て非なるもの

『ライアーゲーム』が、どんな策略よりも、結論として、主人公”直”の
正直で素直な心に勝利を与えているのに対して、『カイジ』の方は、
のるかそるかの”大ばくち”・・言ってみれば、”はったり”をどれだけ
効かせるか・・が重要ポイント

何の目的もなくフリーター生活を送る主人公”カイジ”に対して


”このまま負け組でいいのか!”

なんて、フレーズがバンバン出てくるので
おっ。これは、政府のニート対策、雇用支援の映画だな・・・なんて
思ったけれど違った・・。
実際は、地道に仕事で成功するんじゃなくて、ギャンブルで一発逆転
現状打破を狙うというもの。

どうでもいいけど、いいんですかね~。こういう映画(^_^;)

でも、映画そのものはスピード感あふれてかなりおもしろかった。

主役の藤原竜也は、相変わらずうまいけど、利根川役の香川照之が
抜群である。
(この人、最近、どの映画観ても出てる・・)
最後のカードゲームの駆け引きは、内容知らなかったんで心臓バクバク
もんだった。

そうそう。ちょこっとだけ出ていた松山ケンイチもすごかった。
出てるの知らなかったので、「なんだか似てるな~」レベルだったけれど、
さすがの存在感。
俄然、あのつなわたりのシーンがおもしろくなった。

もちろんマツケンの予想外の最期もびっくり・・

東京ドーム出る時、いつも係員から注意される”あれ”ですよね。”あれ”

松尾スズキの班長も良かったな~。
あの笑顔にだまされてはいけない(笑)
何でもあの地下のシーン。
藤原竜也は、役作りのダイエットでビールをずっと断っていたとか。
それをあのシーンで久々に口にしたとか・・。
どうりで、誘惑に負けてビールを口にするシーンは真に迫っていたはずだ。

「ライアーゲーム」にしてもそうだけど、じゃんけん、カードゲームと
冷静に考えるとあまりにもバカ臭い子どもじみたルールなんだけど、
シンプルな分、なんだか真剣になってしまって、種明かしをされると

「なるほど~」

なんてうなってしまう。単純な作戦なんだけどね。

ラスト見た限りでは、まだまだいくらでも続編が作れそう。
今回のキャストで続きを観てみたいな~。
そういえば、今日から、『ライアーゲーム』の2が始まる
秋山かっこいいんだよね。
期待を裏切りませんように・・。

スポンサーサイト
プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。