スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタばれ★『悪人』~「久々に見応えあり!」

吉田修一さんの原作は、とっても面白く、そこそこの長編で
ありながら、ほぼ、3日程で、一気に読み終えた。
そして、ただ面白いだけでなく、読み終えてからも、
いろいろな意味でずっしりと胸にこたえるような
深みのある小説だった。

えてしてこういう小説を映画化するとダイジェスト的な
要素が強くなるが、この映画は、なかなかの見応えのある
作品である。

なんだか、若い頃良く見ていた、松竹の文芸大作のよう。
丁寧で、重厚で、役者が裏切らない演技をしてくれて、
お約束の感動も用意されていて、一言でいえば、安心して
見ていられる映画・・
あ、場面、場面がブツッと切れてつながっていくあたりも
同じかも・・。

脚本に作者が名を連ねているせいもあって、原作既読で
あっても決して、期待を裏切らない・・いや、作者が
脚本書いてるんだから、文句はつけられないよね。

でも、この映画の圧巻は、やはり俳優の演技力だろう。

原作を読んで、作者に祐一の役をやらせて欲しいと
自らアプローチしていたという妻夫木聡。
思わず手を差し伸べたくなるような不器用な青年祐一を暗く、
せつなく演じていた。

もちろん、賞を取った深津絵里も相変わらずうまかった。
特に、内向的で地味な女性が、初めてとホテルに行った後に、
ガラリと女に変わるあのあたりの豹変ぶり。
化粧とか衣装でなく、表情だけで、演じられるっていうのは、
さすがであると思った。

その他、脇役でありながら、樹木希林や柄本明の二人は、
当然のことながら、このドラマの要である。
バスの運転手とのやりとりや、現場で娘の幻を見る姿は、
涙なくしては見られない。

岡田将生や、満島ひかりも、現代の若者をステレオタイプに
しっかりと演じていて、主役二人との対照的な生き方を描く
という役割を十分果たしていたと思う。

岡田将生は、正統派のイケメン役が本領みたいだけど、
『告白』でもKYのウェルテル先生がはまり役だったし、
今回も憎たらしいボンボン役に全く違和感なかった。
なかなか幅広い演技ができる役者のようで、これから先、
楽しみである。

ただ、不満・・いや、疑問だったのが、原作にあった、

”なぜ、母にお金をせびっているのか”

を風俗嬢に話すところがカットされていた事

あのやりとりがあったからこそ、祐一が最後に光代の首を
絞める行動につながるはずなのに・・。
う~ん。なぜ、この場面をカットしたのか、これ、是非、
作者に聞いてみたいです。

スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

★ネタばれ★『大奥』~『大奥?ジャニーズ?』

話題の『大奥』早速、見てきました!

アイドルを集めてのお子様向き映画かと思いきや、
結構、シリアスであり、そして、結構きわどい・・(^_^;)

嵐ファンは、小学生も多いはずだけど、あのシーン、
このシーン・・親は、子どもにどうやって説明するんでしょうねぇ。
まあ、余計な事ですが・・。

原作は、マンガとのこと
まず、男女逆転の世界を江戸時代の大奥に持ってきたと
いう発想がおもしろい。
しかも、実在の将軍のエピソードをそのまま描いているので、
ストーリー的には、文句なし
城内のセットや衣装もきらびやかで美しかったし、
下級武士の悲哀やら、世直し将軍の意気込みなんかも丁寧に
描かれていて、思わず、涙を誘う場面もあったりで、あっと言う間に
終わってしまった。

ただ、前半が丁寧に描かれていて、結構引き込まれたのに対して、
後半が余りにもあっけなかったような。

主役の水野が、将軍吉宗の夜伽の相手に指名されたあたりから、
あれよあれよと話しが展開して、あっと言う間のハッピーエンド。
悪役もあっけなく、追い出されちゃったしね。
もうちょっと練れた悪事かと思ってたので、ちょっと残念だった。

役者に関しては、アイドル中心にしては、結構、芸達者を揃えていた
のでは。
主役の二宮和也は、やっぱり演技ががうまい。
童顔なんで、どうしても持つ雰囲気が決まってしまうのが惜しいのだけど、
でも、思わず、画面に引き込まれてしまうあの真に迫った演技っていうのは、
スゴイな~。
その他、堀北真希も可愛かったし、大倉忠義もなかなかあの役にあっていて
良かったのでは?

ただ、吉宗役の柴崎コウ
なかなかの適役で、女暴れん坊将軍の貫録も十分にあると思ったけれど、
あの歩き方がね~。
男っぽさを出しかったが故の演出かもしれないけど、あまりにもガサツ
過ぎたような。
あそこは、女らしくふるまっても、十分颯爽とした将軍に見えたのでは?

でも、なんだかんだ言って、結構面白かった。
マンガ既読の友人に聞いたら、今回映画化された部分は、
ほんの1巻分のエピソードのよう
佐々木蔵之助、玉木宏演ずる藤波、松島の悪役コンビも適役だったんで、
もっと見たかったな~。

まあ、映画とは言わず、TVドラマで十分かもしれないけどね。

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

★ネタばれ★『Split the Difference』

9月に入って、ほーんと忙しいのに、よりにもよってこの時期に
2週間限定公開。
おまけに、上映館も少ない。
しかも2000円とお高い。

・・とかなり文句を言いながらの観賞だった。
でも、行って良かったな~。

昼下がりに見るドキュメンタリー映画ということで、最悪、
うとうとしてしまう事も覚悟していたけれど、2時間、いねむり
どころか、全く目を離す事ができなかった。

【内容】

今年、考えてみれば、あまり表立った活動をしていないミスチルこと
Mr.Childrenのライブ・ドキュメント。
6回で1000人程の観客しか動員していないという貴重なライブ映像に
打ち合わせ、レコーディングなどのオフショットを織りまぜて描く
ドキュメンタリー映画
そのライブは、いわゆるヒット曲ばかりでなく、メンバーが心から
演奏したい曲が、演奏したいアレンジで演奏されている。


オフショット映像もほほえましくて良かったけれど、
圧巻は、やはりライブ映像

前に、友人が、

『桜井さんの歌は、心の奥の奥までしみる・・』

と言っていたが、今回もこの言葉を実感した。

たかが、映画と侮るなかれ・・。

スクリーンを通した桜井さんであっても、その歌声は、
どこまでも激しく、どこまでも優しく、私の胸の奥の奥に
響いた。

恥ずかしながら、演奏された曲で題名まで一致したのは、
ライブで演奏されたことのある『終わりなき旅』、『ニシエ
ヒガシエ』『ファスナー』『横断歩道・・』位。

帰宅後、パンフレットで曲目を確認して、アルバムの原曲を
聞きなおしてみた。

特に、Salyuちゃんとセッションした『虜』は、原曲とかなり
雰囲気が違う。
原曲は、ロックロックという印象を受けるが、
映画の『虜』は、まさに、『To You』再び!
Salyuちゃんの声と桜井さんの声が本当にマッチしていて
カッコ良すぎた。

でも、なんと言っても、感動したのは、エンドロールに
かぶった『Forever』
これって、新曲なんだろうか?
心にしみるバラードであった。
もう一度、聞いてみたい・・。

この映画。
タイトルの『Split The Difference』は、直訳で“中間”“歩み寄る”
という意味を持ち、レコーディングとLIVEの間、Mr.Childrenと
オーディエンスの間、本気と遊びの間、そういうさまざまな想いの総称だ
という。

最近は、彼らのライブもドームやスタジアムなど大きな所ばかりで
ちょっとつまらない。
でも、頂上まで上りつめた彼らが、今やりたいのはこういう
ライブなんだろうなと思った。
小さな会場で、本当にやりたい曲を演奏する彼らは、
リラックスしていて、とっても楽しそうであった。

それにしてもこの貴重な音源を2週間限定とはもったいない。
是非是非、DVDかCDにして、もっと多くの人に楽しんで
もらいたい。
そして、私も是非、もう一度、聞いてみたい。

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

★ネタばれあり★ 「東京島」~「恐るべし窪塚洋介」の巻

原作が面白かったので、映画化が決まった時から楽しみにしていた。

内容は、ほぼ原作どおり。でも、原作ほどの、エグさもギラギラ感も
ない。

原作は、人間の本性が、モロにさらけ出されていて、読んでいると
こっちまでおかしくなりそうだけど、でも、映画は、きれいに
まとめられていて、原作の中心であった性的なシーンもさらりと
していた。食べ物を得るシーンなんかも余り切迫感もないし、
サバイバル映画にしては、ちょっと南国のリゾート的な感じも受け
たりして・・。

映画は、面白かったのだけど、エピソードが多い割には、全体的に
まったりしていて、ハラハラドキドキという感じがあまりなかったのは
残念。
後半もちょっとダレ気味な気がした。

でも、2時間あっという間だったのは、やっぱり出演者の力かな。

主役の木村多江さん

以前、”日本一不幸の似合う女優”なんて書かれた事もある位、
薄幸の似合うイメージであったので、キャスト聞いた時には、
どうなんだろうと思ったけど、どうして、どうして、なかなかの
適役であった。

原作の清子に比べて、きれいすぎると言えば、言えるけど
女のしたたかさやたくましさを堂々と演じてハマリ役だと思った。
彼女って、地味なんだけど、どこか華があってステキ。
エルメスのスカーフ巻きつけて颯爽とあるく姿もカッコ良かった。

謎の男GMの福士誠治も良かった

一時は、哲学的なリーダーとなって皆を従えていたが、結局は、ただの
小心者であることが判り、皆に見捨てられるシーンは、なかなか
面白かった。

でも、なんと言ってもワタナベ
この宇宙人の役を誰がやるのだろう・・と思ったら、

お久しぶり!まさかの窪塚洋介

これは、もう、はまり役なんてもんじゃなかった。

亀の甲羅を背負いながらのキレっぷり

この演技。今活躍している若手俳優の誰もマネできないだろうな(笑)

ただ、原作は、ひとりだけ救出された後の部分が面白かったので、
その辺ももっと描いて欲しかった。
それから、清子の家に忍び込んで、島唯一の”紙”にひどい事
しちゃうとことかね。
ワタナベには、もっともっと活躍場面があるので、早めの退場は
残念。

それにしてもこの映画
結構、話題になったにも関わらず、またまた、上映館が少なくて、
見に行くのに苦労した。
最近、こういうのが多いの。
家の近所のシネコンも、お客さんの多い家族向けのアニメばかり。
シネコンそこら中に作ってもなかなか営業が苦しいって事なのかな。



東京島 (新潮文庫)東京島 (新潮文庫)
(2010/04/24)
桐野 夏生

商品詳細を見る

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

★ネタばれあり★『アマルフィー』~「良くも悪くも織田裕二」の段

何となく公開中に行きそびれてしまい、
遅ればせながら、DVDを借りてきて見た。

織田裕二さんの映画見るたびに思うのだけど、
この映画も”良くも悪くも織田裕二”

ファンの人たちには怒られちゃうかもしれないけど、
リンカーンの言葉を借りれば、

『織田裕二の 織田裕二による 織田裕二のため映画』

予想通りの展開と予想どおりの結末でした。

天海祐希さんが、結構好きで、期待していたのだけど、
子供誘拐されて絶望しているシングルマザーっていうのは、
ちょっと似合わないな。
夫と死に別れ、苦労して女手ひとつで娘を育てたという割には
余りにも華やかで、堂々としていすぎ。
やっぱり、天海さんには、もっと颯爽とした役をやってもらいたかった。
主役の書記官役でも良かったかも(^_^;)

イタリアの風景も期待していた割には、ちょっと物足りなかった。
もうちょっとサラ・ブライトマンの歌と一緒に見せてくれても良かったのでは?
それに、わざわざ、アマルフィーまで出かけていった理由もなんだかね。。

それから、犯人グループがテロに追い込まれた理由もちゃんと解説はされて
いるんだけど、別にわざわざイタリアまで行かなくても日本ででも十分可能だったのでは?
テロの手口も結構お金かけているとは思うのだけど、緻密さに
かけているというか、なんというか、イマイチのチープ感。
「24」とか見慣れているせいかもしれないどね。

そうそう、誰が、脚本家と見てみたら、「ホワイトアウト」と一緒だった。
これまた、苦笑。
「ホワイトアウト」も似たような感想を持ったんで・・。

・・と、毎度、織田さんの映画見るたびに言いたい放題なんだけど、
何だかんだ言って、結局は、どの映画も見ている私
実は、隠れファンだったりなんかしてね(笑)

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。