スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレ★~『ハートロッカー』~「祝6部門受賞」の段

昨日まで、『人間失格』を観に行くつもりであったのに、
予定変更で『ハートロッカー』を観てしまった

理由はもちろん、アカデミー賞で”あの”『アバター』を
抑え、6部門受賞したということ。
平日の10時というのに、客席はほぼ満席
男性の方が多かったかな。


【内容】
2004年、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の危険物処理班。爆破の
作業を進め、退却しようとしたとき、敵の罠で、突如爆弾が爆発し、
隊員が殉職する。その交替要員として送り込まれてきた新リーダーの
ジェームズ。“命知らず”の彼のせいで、後、39日で任務を解かれる部下の
サンボーンとエルドリッジは、今まで以上に、生命の危険にさらされる。



再三、TV等の紹介で言われているように、さして、ドラマチックな展開が
あるわけでもなく、冒頭から淡々と爆弾処理のエピソードが続いていく。
戦争映画とは言っても、敵と直接戦うわけでもなく、それは、
あたかも、お仕事のように、ひとつひとつ片づけられていく。

前半は、こんな感じで、確かに緊迫感はあるものの、爆弾処理、休憩、
爆弾処理、休憩という感じで、次々と爆弾処理のシーンを見せられ、
しかもカメラの手ぶれのせいで、画面に集中できず、ちょっと飽きてしまった。

しかし、後半の”死体爆弾”あたりから、淡々とした中にも段々と戦争の
狂気が浮かび上がってきて、背筋が寒くなってくる。

ラスト近く、後2日で任務を解かれるといった時に遭遇した”人間爆弾”の
シーンは、とんでもない緊張感であった。
結局、あのイラク人の言った事が正しかったのかどうなのか分からない
ままだけれど、余りにも後味の悪いエピソードであった。

そして、これで、終わりかと思いきや、予想外のラストへ

『戦争は麻薬である』

だっけ?

この冒頭に描き出されたメッセージが、ラストでの主人公の行動に
一気につながっていく。
日常での彼の姿と打って変わって、ヘリから降り立った時の生き生きと
した表情。
結局、この映画はこれを描きたかったわけなのね。

今日のめざましTVで、

『アカデミー賞独占は、過去のことではなく、現在進行形の戦争を
描いているところが会員に評価されたのではないか』


・・といっていたが、確かに今この時も無意味な戦争で、身も心も
破壊されているアメリカ人が多数いると考えると胸が痛む。
オバマ大統領もアフガンに増員するって言ってたしね。
これから、ますます犠牲者は増えていくわけである。

それにしても、この映画。
監督賞、その他の賞は別にして、”作品賞”・・っていうのはね~。
ちょっと疑問です。
それに、TVでコメントしてる人たちもアカデミー賞とらなかったら、
果たしてこれだけ評価していたのかな?
公開前は、対して話題になっていなかったように思うけど。

私も個人的には、あまり好きではない映画である。
『アバター』よりは、いいかもしれないけど・・(汗)
ひどいけど、所詮は、対岸の火事であるからなのカモ。
平和ボケですね。



公式HP http://hurtlocker.jp/
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

★ネタバレ★『ハプニング』~「オチなしシャマラン」の段

シャマラン監督と言えば、本人が納得するかしないかは別にして ”オチ”

「シックス・センス」では、まさにやられたという感じであったけれど、
しかし、その後の作品の巷での評価はイマイチ。

この「ハプニング」も公開時から評価は、賛否両論激しくわかれていたので、
どんなもんかと長らく見たいと思っていたが、やっと見られた。

で、今回のオチはといえば・・

”オチがないのがオチ”

オチが必ずあると信じていたので、はっきり言って、がっくり。
でもオチがあるなしに関わらず、この映画。ちょっと食いたりないな。

続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

★ネタバレ★「パブリック・エネミーズ」~「男の美学」の段

古くは「アンタッチャブル」とか、「コットンクラブ」とか、
禁酒法時代のギャング映画っていうのは、何ともいえぬ
哀愁が漂っていて好き。

そういや、最近、この手の映画、観てないな・・と思っていたら、
「コラテラル」のマイケル・マン監督が実在のギャングを題材とした
映画を撮った。

「パブリック・エネミーズ」すなわち”社会の敵”

儲けすぎた金持ちの金しか狙わず、また、やたら
人を傷つけたりもせず、
情に熱い、”ギャング。”社会の敵”とは呼びがたいギャングらしからぬ
ギャングの生涯。

その主人公デリンジャーをジョニーデップが演じるということで、
早速、鑑賞してきた。

続きを読む

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。