スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ボストン美術館展』~『幕の内弁当的絵画展』の段

ro


先週のマネ展に続き、六本木の森タワー52階、森アーツセンターギャラリーで
開催されている『ボストン美術館展』に行ってきました。

会場は、さほど人が多いとは思わなかったのですが、人気のある絵画の前は、
立ち止まってゆっくり観賞している人も多く、場所によっては、結構見るのに
苦労しました。
ちなみに、人気があって混雑していたのは、モネの風景画10点が、フロアに
ぐるっと一周展示されている部屋です。

モネとか、シスレー

やっぱり、人気ですね。確かにあのパステルカラーで描かれた田園の風景は
都会の喧騒や日常の忙しさを忘れさせ、穏やかな気分にさせてくれます。
彼らの風景画に癒される人たちは、多いのではないでしょうか。

個人的には、ドガの『田舎の競馬場にて』が印象的でした。

絵画でありながら、スナップ写真のように風景を切り取ったこの絵。

馬を描いているのに、画の半分以上に空を描き、馬も全体を描くのではなく
一部を切り取って書いて、偶然撮れた写真のような作品にしあげている所など、
とても工夫されていると思いました。

今回の絵画展のふれこみは、

『名画のフルコースをどうぞ』

だそうです。

”教科書でみたことのあるあの名画を・・”

なんてのもどこかに書いてありました。

まあ、フルコースというよりは、幕の内弁当という感じですね。

どれが、メインで、どれが、デザートってわけではないし、
それに、レンブラントの肖像画、前菜では、ちと重すぎるって感じが・・

ただ、幕の内弁当である分、一度にいろいろなものが味わえて、とっても
お得であるし、どれもこれも素晴らしく美味であるのですが、その分、
一品、一品の印象が薄れたかなという感じがします。

これだけの、名画を一か所に展示してしまうのは、ちょっともったいないと
いう気もしますし、私は、やっぱり、一人の作家を取り上げて、有名な作品も
無名な作品もたくさん展示してくれる企画展の方が、その画家の世界にのめり
こむ事ができて好きかな。

・・と、ぜいたくな事言ってますが。

ちなみに、私のツボは、やっぱりレンブラントやエル・グレコの
肖像画、宗教画でした。

たかが肖像と言うなかれ。

その力強い筆致と今にも動きだしそうなリアルな画は、さすが、写真のない
時代に人気を博したというのがわかる気がします。
特にレンブラントの肖像画は、そのモデルが備えている気品やら威厳が
余すところなく再現されていていつもいつも圧倒されます。

エル・グレコの描く宗教画の人物も好きですね。緻密で美しいというよりは、
ちょっとマンガチックなタッチですが、10代から慣れ親しんでいた宗教画と
いうことで、なんだか心ひかれます。
大学の時に岡山の大原美術館で見た受胎告知のマリア像は、今でも大好きな
絵の一つです。

ピカソのキュービズムの絵画もしばらく立ち止まってみてしまいました。
現代絵画は、想像が膨らんでいいですね。

やっぱり私は、どちらかというと、印象派の風景画より、個性の強い作品が
好きなのかも。

さて、こんな雑誌を書店でみつけ、購入しました。

Pen (ペン) 2010年 6/1号 [雑誌]Pen (ペン) 2010年 6/1号 [雑誌]
(2010/05/15)
不明

商品詳細を見る


今年は、印象派イヤーであるとか。
秋には、ドガ展、ゴッホ展も開かれるんですね。

しっかり予習して、まずは今月末から開かれる、オルセー美術館展に備えたいと思います。


『ボストン美術館展』公式サイト http://www.asahi.com/boston/

『オルセー美術館展 <ポスト印象派>』公式サイト  http://orsay.exhn.jp/


スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

『マネとモダンパリ』~「三菱一号館美術館は、一見の価値あり!」の段

mitsu1

今年は、『ルノワール展』『マネ展』『ボストン美術館展』『オルセー美術館展』
と行ってみたい展覧会が目白押し

昨日は、初春の『ルノワール展』に続いて、東京は、三菱一号館美術館の会館記念展
『マネとモダン・パリ』展に行ってきました。

この三菱一号館美術館。もともとは、この丸の内にオフィスビル第一号館として,
鹿鳴館初め、数々の近代建築を残した英国人建築家、ジョサイア・コンドルに
よって、1867年に建てられたものですが、老朽化のため解体。
それを復元して美術館として生まれ変わらせたもののようです。

復元にあたっては、外観だけでなく、一部、建物の部材を再利用したり、
当時の設計図を元にして、忠実に再現したとか。

有楽町駅を降り、国際フォーラムを抜けると横断歩道をはさんで、この建物が
あります。
赤レンガのレトロで重厚なその建物は、まわりが、整然とした都会のオフィスビル
でありながら、なぜか、しっくりとなじんでいます。

さて、『マネとモダン・パリ展』

土曜の昼下がりであったため、混雑しているかと心配していましたが、入場していく
人たちの多さにも関わらず、比較的ゆったりと観賞することができました。

会場は、3階までエレベーターで上がり、そこから、3階、2階へと展示室を
回ってあるく形式です。

大きな展示室はあまりなく、比較的小さな部屋を次々と回って歩くのですが、
これが、混雑を感じさせない理由かもしれません。

各部屋には、レプリカの暖炉なんかも設置してあって、美術館というよりは、
さながら、お金持ちのサロンに招かれて絵を拝見させていただくような感覚です。

宗教画も美術館よりも聖堂にあってこそ映えるのと同じように、この美術館で
絵画を見るととっても優雅で贅沢な気分になります。

途中の通路から中庭も見えますが、こちらもオープンカフェが緑に映えて
とっても素敵です。ちょうど今回のテーマであるパリの街角を見ている
よう。

mitsu2

ただ、各部屋全部自動ドアなのには驚きました。
どうでもいいけど、電気代すごくかかりそう・・

さて、マネ展。

今回の展覧会は、マネだけでなく、モダンパリ展でもあることで、
他の画家の作品も多く、ナポレオン3世以降のパリの発展と
普仏戦争による崩壊、パリコミューンの台頭とパリの盛衰の歴史を
たどることができます。

マネの絵は、黒を基調としたスペイン調の人物画が多く展示されて
います。
比較的に地味な作風であると思うのですが、弟の妻となったクロド・モリゾを
描いた肖像画などは、彼女の眼力にすっかり魅せられてしまいます。

静物画もいいですね。彼の静物画は、定評があるということですが、
そこに描かれていた山積みのカキを見て、思わず、夕食に夏ガキを
買って帰ってしまったのですから、やっぱりリアルなんでしょうね(笑)


次は、来週六本木森アーツに『ボストン美術館展』を見に行きます。
ここでは、エル・グレコやレンブラント。ミレーなどが展示されるようで、
とっても楽しみではありますが、小さい美術館なんで、混雑が心配・・。

公式サイト http://mimt.jp/manet/

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

ルノワール 国立新美術館

shinkoku3.jpg
 

乃木坂にある国立新美術館で開催されているルノワール展に行ってきました。

この美術館を訪れるのは、昨年の「ハプスブルグ展」に次いで2度目ですが、
平成19年1月に開館されたというまだまだ新しい美術館です。

まずは、吹き抜けのホールに圧倒されるのですが、気のせいか、展示室も
上野等の美術館に比べて天井も高く、室内も広く、ゆったりと絵画を鑑賞
できるようになっていると思います。
真新しい近代的な空間で、海外の著名な絵画の現物をゆっくり鑑賞するのは、
私にとって、何よりも贅沢な時間です。

さて、今回は、「ルノワール展」~伝統と革新

「幸福の画家」といわれたルノワール
その絵画を目にする機会は多いですが、生の作品をこれだけ
一度に見たのは初めてでした。

キャンパスに描かれるその幸せそうなかわいらしい女性達は、
春を迎える今の季節にぴったりの暖かさとやさしさを持って
いて、その名のとおり、幸せな気分になります。

何かの評論で、写真技術の発明によって、肖像画が廃れ、
印象派が台頭したという文章を読んだ事がありますが、
それまでの写実的な肖像画に比べ、色彩の美しさ、そして、幾重にも
塗り重ねられた絵の具によって、同じ人物画でありながら、明るく、
柔らかな雰囲気が味わえます。

今回の目玉である「アンリオ夫人」も精密ではありませんが、
女性の優しさ豊かさが絵画全体にあふれていて、その人物の
持つ豊かで満ち足りた生活が伝わってくるような気がします。

花瓶に盛られた花の絵もステキでした。
3Dなんか使わなくても1本の絵筆でこれだけの奥行きや
深み、そしてあんなに美しい色彩が表現できるというのは、
ほんと、見事だと思います。

しかし、こんな、幸せそうな絵を描く画家は、さぞや恵まれた生涯を
送っていたのだろうと思っていましたが、実際は、持病のリューマチに
悩まされ、最期は、リューマチで変形した手に絵筆をしばり、絵を
描き続けたとか。

”絵は、見る者に幸せな気持ちを与えなくてはいけない”

確か、こんな事が展示のどこかに書いてあったように思います。

自分の悩みや苦しみをキャンパスにぶつける画家の絵には
確かに心を打たれますが、苦しみを隠し、あくまで作品には
幸せな世界だけを描き、見る者に幸福な気分を味合わせたルノワールは
すごい画家であると言えるのではないでしょうか

さて、東京開催も4月5日まで。次は、大阪へ
HPによれば、東京展では展示されなかった「可愛いイレーヌ」が
展示されるようですね。

ずるいぞ。。

公式HP http://renoir2010.com/index.html
プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。