スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタばれあり★「ハーパーズ・アイランド 惨劇の島」~「いくらなんでも殺しすぎ・・」の段

久々に海外ドラマを通してみた。
TSUTAYAオススメのサスペンスドラマ『ハーパーズ・アイランド』

【内容】
 シアトル沖のハーパーズ島は、かつて殺人鬼ジョン・ウェイクフィールド
により6人が惨殺された場所。犯人は、保安官に射殺されたが、その娘
アビーは、母を殺されて深い傷を負い、島を去っていた。
 そんなアビーが幼馴染の青年・ヘンリーと裕福な家の娘のトリッシュが
この島で結婚式を挙げることになり、二度と戻らないつもりだった島を再び訪れる
ことになる。
 久々の旧友たちの再会や華やかなパーティーで、アビーは、久々に明るさを
取り戻すが、結婚式を前にして、殺人事件が連続して起きる。
 そして、島から脱出する手段も通信手段も奪われる中、一人また一人と関係者が
惨殺されていく。


 初め、4話位までは、ハラハラドキドキ。
次の展開が読めなかったし、ショッキングな映像や音でビックリさせられたりで、
結構はまって、YSUYAYAでもらってきた人物相関図に殺された人間を×で消して
いったりと楽しんでいたのだけど、5話、6話と話しが進む内に、段々と飽きてきた。

だって、全く、展開が同じなんだもん。

 毎話、毎話。お約束のように、2~3人、殺されていくし、
犯人は、トリッシュの父(←彼ってデスパレートでスーザンの前夫やってる
人だよね?)が

「私の目に狂いはない。彼は・・」

・・と言った時点で、わかっちゃうし、後半、余りにも見え見えのダミー犯も
登場してくるしね。

 でも、まあとりあえず、最後まで見た。
 しかし、ラストまで行っても積み残しもたくさんあるような。

 あの少女の超能力は?
 最初の方で殺されていた人たちの扱いは?
  (特に冒頭、スクリューに巻き込まれたいとことは?)

 やっぱり、たった13話で、25人も殺すっていうのがそもそも
 無茶苦茶な設定だったのでは?

ただ、ラストのオチは、なかなか恐ろしくも悲しいものだった。
そして、あの殺人犯も結局は、コケにされていたとはね。
やはり、狂ったDNA?

DVD観賞だったけれど、見て損はないかな。

スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ
ジャンル : 映画

人気番組「アグリー・ベティ」の打ち切りが決定!


人気番組「アグリー・ベティ」の打ち切りが決定!視聴率の低下止められず - シネマトゥデイ



ちょうど、録画しておいた今週の放送を見終わったところにこのニュースを知って、
もうもう、大ショック!
『アグリー・ベティー』は、現在、NHKBS2で、シーズン3を放映しているが、
今、一番好きな海外ドラマで、毎週楽しみしていたのに・・

このドラマ

真面目で頭が良いのに、ルックスやセンスが悪いベティーが
見かけが命の一流ファッション誌の編集部の社長秘書に抜擢される
ところから始まる。
初めは、同僚に意地悪されたり、プレイボーイの社長にも相手に
されないが、その頑張りと明るさで段々と皆に便りにされ、
社長とも親友のような間柄になるというお話し。

”アグリー”←”みにくい”というネーミングと主人公がメキシコ移民の
娘であるという設定はどうかなとも思うけれど、とにかくテンポもいいし、
脇を固める登場人物が、おもしろくって、ほんと楽しいコメディーで
大好きである。

総指揮を勤める女優サルマ・ハエックが、自ら出演して、
プレイボーイだけど人のいい編集長をたらしこむ役を演じたり
(最後は、エレベーターでボコボコにされる・・)

元ミスアメリカで、グラミー賞の候補にもなったことのある
バネッサ・ウィリアムズに

”私の今は、血のにじむような努力と整形でできている”

なんて、セリフを吐かせたり(そういえば、ゲスト出演していた
ベッカム夫人は、嫉妬からバネッサに部屋に閉じこめられちゃう
なんてシーンもあったっけ)

キッスのジーン・シモンズを実の父を捜す受付嬢のアマンダの
父親役(←実はインチキ)として実名で出しちゃったりとか
ゲストの使い方もほんと贅沢でしかも何でもありの設定でびっくり。
(アメリカ人ってこういうのをちゃんと受け入れられるのね・・)

ナオミ・キャンベルもでていたし、確か、シーズン4では、
あのスーザン・ボイルも出演のはず
本国でも視聴率は順調だとおもってたのに。

まあ、確かにシーズン3あたりから、話しも無理やり作ったという
むきもあるけれど、それにしても残念 
いつも思うけど、アメリカドラマってほんと非情・・


アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1 [DVD]アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1 [DVD]
(2008/09/17)
アメリカ・フェレーラエリック・メビウス

商品詳細を見る


アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part2 [DVD]アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part2 [DVD]
(2008/10/22)
アメリカ・フェレーラエリック・メビウス

商品詳細を見る



テーマ : 海外ドラマ
ジャンル : 映画

★ネタバレ★「24 シーズン7」~「ジャックは、投資なんかしちゃダメ」の段

先日のネットニュースに、『24』のジャック・バウアーでおなじみの
キーファー・サザーランドが牛の儲け話しのサギにあってかなりの損失を
出したという記事が出ていた。

あの、ジャックが投資話しにのって、だまされたなんて、なんか笑える

さて、『24 シーズン7』

やっと見終わった。今シーズンはなんか、事件も盛りだくさんで
長い一日だったな~。

シーズン6,7あたりは、私的には、ちょっとマンネリの感があって
イマイチだったけど、今回はのっけからおもしろかったように思う。

『リデンプション』に続く、アフリカの小国での過激派クーデター
のアメリカでのテロ活動に始まり、官邸のっとり、生物兵器と
相変わらずのめまぐるしい展開。

その合間に、懐かしのトニーやらブキャナンやらが出てくるわ、
FBIの女性捜査官がからんでくるわ、大統領のお騒がせ娘が騒動おこすわ、
あげくの果てにジャックは、ガスを吸って、再起不能になるわと
盛りだくさんであった。

それでも、これら複数の事件が、きっちりと縦と横の線でつながるのは、
相変わらずさすがの演出である。
ほんと、はずれないのよね~。

おまけに、今回のラスト。
あのラストについては、消化不良とか、意味不明とか、結構批判がある
みたいだけど、私は、珍しくすっきりしたな。

今回のテーマは、

”法に忠実に生きるか、それとも法をまげても正義や個人的な思いをつらぬくか”

そもそも、このシーズン、ジャックの拷問の責任を問う聴聞会がはじまりであったが、
(たった、24時間前なのに、最後の方ではわすれちゃってたけど・・(^_^;))
このテーマがブレずに最後まで貫かれたっていうのは、素晴らしいと思う

”法よりも目の前にいる多くの人間を助ける事が大事だ”

と拷問だって、脅迫だって、なんだってやっちゃうジャック

法の力では、結局は、野放しになってしまうであろう組織の大ボスを
殺して、妻を殺されたうらみをはらそうとするトニー

最初は、ジャックに反発していたが、結局は、自分のキャリアを捨てても
彼と同じ道を選択しようとするFBIのルネ

そして、法のためには、私情も家庭も捨てて、職務を全うしようとする
大統領

それぞれの決意も新たに前に踏み出していく一同の姿を描いて
このシーズンは終わった。
余韻を残しながらのラスト。
なかなか良かったと思うのだけどね。
いきなり中国に拉致されたりとかのラストの終わりより、ずっと
説得力があったと思うけど。

それは、そうと「24」もシーズンを重ねるごとに段々とレンタルがしやすく
なってきたことを感じる。
さすがに、7ともなるとリタイアしてきたファンが多くなってきたようで、
私の周りでもまだ見続けている人がほとんどいない。

なんでも、キーファーの契約が今のところ、シーズン9までということで、
「24」もいよいよシーズン9→映画で終了といわれている。

でも、それはあまりにも悲しすぎる

まだまだ、マンネリというのは、ほど遠い『24』
投資なんかしてないで、頑張ってくれよ。キーファー。






★超~ネタバレ★~『24 シーズン Ⅶ 第10巻』

まずは、『プリズン・ブレイク』を片づけようと放置してあった
『24』の続きをみた。

不死身のジャックが生物兵器の最近に感染してヤバイ状態に
なっているが、まあ、これはいつものお約束どおり、最後は
復活するんだろうなという気がする。
娘も久々に登場したしね
彼女の抗体だかなんだかで復活するんじゃないかな。

それより、ぶっとんだのは、トニー
これまた作戦なのかなと思うけど、まさかモスを殺しちゃうなんて。
まあ、モスみたいなサブ主人公が、死ぬ運命にあるのは、『24』に
よくある展開だけど、でもいきなりなんだも~ん
モスは、次のシーズンの始めくらいまでは活躍するかと思ったんだけどね。

でも、トニーは、何を考えてるんだろう。
早く、11巻を見なくては・・


テーマ : 海外ドラマ
ジャンル : 映画

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。