スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ネタバレ★~「Mr.Children DOME TOUR 2009」 in ナゴヤドーム

お引っ越し、初ブログは、やっぱりこれでしょう!

12/19(土)ナゴヤドーム 『MR.Children DOME TOUR 2009』に参加してきました。

ミスチルのライブは、4月のさいたまアリーナ以来。
あの時は、私自身も気分的にあまり乗っていない時期だったし、席も果ての果て
だったので、イマイチの感動だったけれど、今回は、素晴らしかったです。
いやいや、くそ忙しい年末に新幹線乗って出かけていっただけの事はあったね。

演奏曲目は、アルバム曲中心だった今年前半のアリーナツアーに比べて、
すごく工夫された構成だと思った。


続きを読む

スポンサーサイト

★ap bank fes '08★~「初参加!暑かった~(>_<)」の段


fes1 


スカパー!フジ721で今年のap fesの放映見ました。

場違いな年寄りの参加で、非常に浮いていたと思うけれど、
(確かに、今回のライブについては、おばさんは数える程だった)
参加者もスタッフもみんな笑顔笑顔でとっても暖かいライブだった。

同い年ながらフェス慣れしている同行した友人にいわせると
(何と、彼女は、今年途中で中止になった”音楽と髭・・”にも参加。
ずぶぬれになって、カゼひいて帰ってきました)

『このフェスは、皆がギスギスしてないのがいい~』

・・だそうです。

確かに、前の方のブロックは知らないけど、我々がうろうろしてた
後ろの方やフードエリアは、皆のんびりまったり。

ライブエリアで途中退出しようとして人混みをかきわけて
嫌な顔をする人もあまりいず
延々とつづく買い物の行列でも文句いう人もなく、中には買い物の時、
荷物を持ってくれる親切な人もいたりして、

シートの上で昼寝している人や、芝生でしゃぽんだまなんかしてる
親子もいてほんと和める空間であった

天気も快晴晴れ

猛暑ながら、時折吹く風は心地よいし、なんといっても
緑の多さと空にぽっかり浮かんだ雲に本当に癒された。






そんな中で聞くライブというのは、普段、屋内で聞く
ライブとは違って格別のものが

『フェスは、自分流で聞けるからいい』

・・と友人が言っていたけどなんかわかる気がする。

私が参加したのは、初日


印象に残ったのは、やっぱりゆずかな


たった30分の持ち時間ながら、あっという間に
会場をゆずワールドにしてしまうあのステージは
さすが・・。


そして、ベテランASKAさん


彼が登場した時は、トイレタイム&給水タイムかのように
ぞろぞろと観客が退席はじめて、気の毒だと思ったけれど、
櫻井さんと歌った『名もなき詩』は、さすがの歌唱力。
そして、続く『YAH YAH  YAH』で、一気に会場が盛り上がった。

2万人の大合唱というのはやっぱりすごいね


とは、いっても、前日、生涯3本の指に入る位に不愉快な出来事が
あって、非常に傷ついていた私は、その事が頭から消えずに
心の底からは楽しめず残念だった。

おまけに、『to U』は、帰りの新幹線の関係で聞けず。
大好きな『はるまついぶき』は、仮設トイレの中。
目当てのミスチルが登場した時には、ほぼ徹夜明けで始発に飛び乗ってきた
私は、昼に飲んだビールのせいもあって、すでに気力も体力もつきはてて、
ぼ~っとみていたような。

ほんと、一体、何をしにいったのやら・・。

でも、参加できて、とても楽しかった!!

そして、参加者それぞれが、たった一日であっても
地球の環境について考えさせられるっていうのが
素晴らしい。

フードエリアの食器もすべて再生利用。
ゴミの分別も半端でなく細かい。
そして、食器洗いからゴミの分別、トイレの誘導まで、
ほとんどの仕事をボランティアの人たちがやっている。
この人たちが、みんな笑顔でいい人たちばかりなんだよね~。

入り口で配ってくれたゴミ袋も古米で作った袋ということで
(事故米で赤飯作るのとは大違いだ)おせんべのにおいが
してなんだかほほえましたかった。

このフェスについては、良い面だけでなく、悪い面についても
いろいろ取りざたされるけれど、でも、少なくとも私が目にした
もので悪い印象は無かった。

こんな形で若い人が環境について考えられるライブっていうのは、
やっぱり素晴らしいんじゃないかと思う。

おばさんは、とっても疲れて来年行こうと思うか判らないけれど、
是非、今後も続けていって欲しいです。


fes2

「ゆたぽん」&「はるまついぶき」 ~「待たれる春!」の段

毎日寒いです・・。泣きたくなる位寒いです。
去年、あまり寒くなかった分、今年の寒さは身にしみます。
温暖化、温暖化っていうけれど、ほんとにそうなの? 
絶滅寸前の北極グマには悪いけれど、寒いのはやっぱり勘弁だ~。

そんな日々冷え冷えの私を暖めてくれるのは、今期、マツキヨで発見した

白元の”ゆたぽん”
そして、bank band の「はるまついぶき」

”ゆたぽん”は、”ゆたんぽ”にあらず。”ゆたぽん”也。

 そのあまりに安直な、でもとってもかわいいネーミングに惹かれて
思わず購入したけれど、これがなかなかのスグレモノ。

電子レンジで3分間チンするだけで、朝までおふとんぬくぬくです。
(7時間有効)。
ジェルタイプなので何度も使えるし、やわらかなのが良いです。

確かにお湯入れる湯たんぽに比べてあじけないし、ぬくもりも
どこか使い捨てカイロ的だけれど、そのお手軽さがめんどくさがりの
私にぴったりです。

プーさんの袋に入った抱き枕仕様のたわら型もあるみたい。
これも買っちゃおうかな・・。

湯たんぽ/レンジでゆたぽん Lサイズ 1コ入
¥978
爽快ドラッグ

ホッカイロ くまのプーさん ゆたぽん3
¥1,764
Amazon.co.jp

でも、でも、そんな湯たぽんよりも、冷たく冷え切った私を暖めて
くれるのは、やっぱり桜井さんの歌声。

bank bandの「沿志奏逢2」

レンタルですませようと思ったけれど、「僕らの音楽」見てたら
一日も早く聞きたくなって、買ってしまった。

結論!!   やっぱり、桜井節は、いい!!!

櫻井さん(何故か、ミスチル以外の活動では、桜井さんではなく、櫻井さん)
の声は、どこまでもどこまでも暖かくやさしいです。寒さがこたえる
最近の私の心にしみじみと語りかけてくれます。

今回のアルバムも1に続き、カバー中心だけれど、3曲だけオリジナルが。

その中の1曲 「はるまついぶき」



昨年のap bank fes開催中に起きた新潟県中越沖地震の現場を
目の前にして、再生の思いから生まれたこの楽曲。
「to U」に続く、bank bandのオリジナル曲であるこの曲は、
小林武史&櫻井和寿による心あたたまるバラード。

”降り積もる雪に・・” から ”かすかでも光にむかう・・” 

のサビの部分の盛りあがりを聞けば、誰であっても、自分自身に
置き換えて”再生”への勇気がでるはず。
この曲は、公式サイトで、プロモが見られますが、これがまた
ホットなプロモでいやされます。

ここ ↓↓↓


もう1曲。アルバムの最後にあるオリジナル曲。
去年のfes でオープニングに歌われたという「よく来たね」

こちらは、キーボードのソロをバックに櫻井さんがしみじみと
語りかけてくれます。

”よく来たね。いろいろあったんだろう?
 悲しいこと 嫌なこと 辛いこと
 だけどこうしてまた会えたんだよ・・・”

”そうだよ。いろいろあったんだよ・・”

・・とどっと涙があふれてしまいそうなナンバーです。

ap bank fes 。今年も開催が決まったようですね。
なんでもすでに、掛川付近のホテルは、予約が一杯とか。
一度、行ってみたいと思うんだけど、なかなかね~。
そうそう、毎年参加の小田さん。
今年は、ツアー中なんだけど、出演できるのでしょうか・・。 


沿志奏逢2/Bank Band
¥2,710
Amazon.co.jp

沿志奏逢/Bank Band
¥13,977
Amazon.co.jp

「★Mr.Children HOME TOUR 2007 於長居陸上競技場★参戦」の段

こぬか雨降る御堂筋~♪
古いね。年がばれます。
そんな小雨の降る肌寒い大阪に行ってきました。

主たる目的は、Mr.Childrenのライブ参戦の為。 
後、その他もろもろプラスα目当てで・・。

気がつけば、今年3度目のミスチルです。
アリーナとスタジアム一度ずつ行ければいいやと思って
いたものの9月の日産がとっても盛り上がって楽しかったのと、
歌詞をもっと理解した上で、もう一度、生歌聞きたかったので
思い切って遠征してきました。

いやいや、遠くまで出かけていった甲斐があったね音譜
席は、アリーナはるか後方であったけれど、カッパを着ながらの
「口笛」や「イノセントワールド」の大合唱は、大盛り上がりで
とっても楽しかった。
大阪のライブはやっぱり関東とノリが違って楽しいです。
まわりの半端でないはしゃぎっぷりに、ついついこちらも乗せられて
しまった。
ただ、一緒に歌うのは良いけど、バラードは静かに聞こうよね。
「しるし」の「だーりん、だーーり~~ん~~」の大合唱には、
参ってしまった。
まあ、楽しかったから許すけど・・。
でも、楽しいだけじゃなくて、今回は、予習の甲斐あって、
桜井さんのメッセージはしっかりと私に届いてくれた。
特に、今回初めて知った、
フェイク・・すべてがウソ→any・・・すべてが真実

・・という曲の流れにはぐっと来たね~。
ミスチルの歌詞は、このせちがらい、混沌とした現代社会を
反映しているようで、とっても胸に響く。
もちろん最近、転職して、暗中模索の毎日である私の胸にも・・。
そして、悩み悩んだあげく行き着く先は、やっぱり「彩り」の
コンセプトなのかなあ・・と。
”なんてことのない作業が~♪”
ただ、それは、”あきらめ”でも”妥協”でもなく、
”自己実現”や”生き甲斐”にもつながるのではないかと
最近思えてきた。はや、悟りの境地かも。
・・で、”最後のデザートを笑って食べる君のそばに・・♪”
最期は、まあ、こんな感じで行きたいかなと・・
これは、もう、末期?(笑)
あ~あ、でも今年のツアーも終わってしまったな~。
つ・ま・ら・な・い・・
”とりあえずさよなら またどこかで出逢えるね。”
                     (by 「旅立ちの唄」)

来年も期待してます!!

Mr.Children“HOME”TOUR 2007
¥4,350
Amazon.co.jp
旅立ちの唄/Mr.Children
¥1,200
Amazon.co.jp




★Mr.children 「しるし」★~「またまた、日本語タイトル」の段

Mr.Children, Kazutoshi Sakurai
しるし
昨日は、ゆずおだがイチオシだと固く信じていたけど、
やっぱりミスチルの「しるし」を聞くと、これこそ究極の
ラブソング
だと思ってしまう私。
発売以来、毎日、ヘビー・ローテーションで聞いています。
でも、まだ飽きないの・・。
完全にツボにはまっちゃいました。

ご存知、ドラマ「14才の母」のテーマソング。
ミスチルお得意のミディアムテンポのラブソング。
これを桜井さんが切々と歌いあげています。
「ダ~リン、ダ~リン・・」というサビの部分になると
思わず、一緒に歌ってしまいます。
家なら良いけど、電車の中、ウォークマンを耳につっこんだ
状態での声無き絶唱は、あやしすぎるかな。
桜井さんの曲で、いつもすごいと思うのは、ありえない場所に
ありえないフレーズがはいるところ。
今回の「しるし」も「ダーリン、ダーリン」の2回目のサビの部分に
”半信半疑・・”、・・で、次は、”カレンダーに”なんて言葉を入れて
しまってます。
なんか、この辺のシュールな感じがたまらないの・・。
毎度の事だけど、初めてミスチルの新曲を聴いた時
メロディーと桜井さんの歌声に感動
            ↓
しかし、歌詞については、1回聞いただけじゃ、何を言ってるのか
わからない。
            ↓
歌詞カードで確認
            ↓
   
まるで小説と言えるようなそのストーリー展開と世界観
そして、あっと驚く斬新な表現に感動!
            ↓
曲を理解した上で、改めて聞き直して、曲と歌詞の見事に
マッチしたその世界に感動!
・・と言うことで、ミスチルは、私にとって、感動×3 
いや、感動の3乗のCDなのである
・・って、ほほほ・・。絶賛してしまいましたわ。
でも、その位、最近のミスチルは好きです。
「しるし」のカップリング2曲も良いです。
「ひぎき」は、「しるし」と違ってPOPな感じのラブソング。
軽快な感じが耳に心地よいです。
そして、「くるみ」。「シフクノオト」のアレンジと違ってソフトな感じ。
映画「幸福な食卓」のテーマソング用に再録音したというものだ
そうで、こちらの映画も楽しみです。
そうそう、巷で話題の日テレのドラマ「14才の母」もいよいよ
クライマックス。
主人公は、無事出産ができるのか?
このドラマも、、”中学生の出産”という、一見興味本位の
題材だけど、実際はそれを越えて、現代の親子のあり方など
いろいろな問題を含んでいて非常に興味深いです。
きれいごと?甘ったれ?甘やかし?
自立?命の尊さ?純粋?

親は、どこまで子供の自主性を尊重すべきなの?
いろいろと考えさせられます・・。



プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。