スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!!2010』~2010.9.3 武道館2日目

ikimono budo


3日、金曜日に、武道館での『いきものがかり』のライブに行ってきた。

いきものがかりの歌を生で聞いたのは、実は、今回が2回目。

初めて聞いたのは、2006年に小田さんの『クリスマスの約束』の公開録画を
有明コロシアムで行った時のこと。
これは、確か、当時、NTTのCMだった『SAKURA』に、小田さんが
惚れ込んでゲストとして迎えたもの。

あの時は、ステージにかなり近い席だったけれど、大御所を前にして、
3人ともガチガチに固まっているのが良くわかった。
聖恵ちゃんも緊張のあまり、いつもの倍以上の声量で歌っていたっけ。

あれから、4年

あの時、名前とCMのサビ部分しか知らなかったグループが、まさかこんなに
力をつけて、武道館やアリーナを満席にできるグループに成長するとは。

さて、ライブだけど、CDのおまけのDVDを見た時は、若者だらけだったんで
かなり覚悟していたけど、実際には、お年寄りのご夫婦から小学生まで、
意外や幅広い年齢層だったので、あまりアウェイな感じを受けずにすんだ。
『ゲゲゲの女房』や、『YELL』効果なんだろうな。

曲も、『じょいふる』のようなノリノリの曲ばかりかと思いきや、
さすが、”せつなポップ”と自称するグループ。半分近くがバラード。

生でも変わらず抜群の歌唱力の聖恵ちゃんが情感たっぷりに歌いあげてくれて
じっくりと聴くことができた。

大好きな「YELL」の生演奏も本当に良かった。

いきものがかりの歌って、ポップで、ノリノリの曲も多いけれど、
しっとりとしたバラード曲もステキ。
彼らの曲って、どこか、日本的で、幼い頃耳にしていた唱歌のテイストを感じて
ノスタルジックな気持ちをかきたてられる。
また、その曲に、聖恵ちゃんののびやかな声がぴったりなんだよね。

ライブもとても、暖かくて、楽しいものだった。
初心者にも随分、親切に接してくれていたし・・(笑)

聖恵ちゃん。あの澄んだ歌声そのものに、さわやかで、かわいいかった。
ステージいっぱいに笑顔を振りまきながら元気いっぱいに走り回る
その姿は、とってもチャーミング

水野さん。あんなに素敵な曲を書くのに意外やステージでは、いじけキャラだった
とは。

山下さん。もうちょっとトークにからんで欲しかったけど、ハーモニカ
カッコ良かった

そして、3人で、曲ごとに、半分に折れ曲がるまで、頭を下げて挨拶をしてくれる
その姿もほんと見ていて、気もちが良かった。

11月には、初のベストアルバムがでるとか。
これからもずっと応援していきたいし、またライブにも行ってみたい
グループです。

tape

↑↑上から降ってきた銀テープもロゴ入り↑↑
スポンサーサイト

テーマ : ライブ
ジャンル : 音楽

ゆず 『FURUSATO』 FINAL at 日本武道館 3/3(水)

yuzu

ゆずの再追加公演。武道館でのライブに行ってきました。
『FURUSATO』ツアー2本目。1月のさいたまアリーナに続いての
参加です。

前回、さいたまは、LV400というほとんど天井に近い席だったけれど、
今回は、アリーナ25列目位での参加。
年寄りに、大半スタンディングでのライブは、ちと過酷ではあったが、
ビジョンも良く見える位置だったし、周りのゆずっこ達の熱気につられて、
大盛り上がり。とっても楽しかったです。

ゆずのツアーに参加してから、かれこれもう9年位になるかな

最初は、ただただ、一生懸命なその姿に元気をもらいながらも、まわりの
大騒ぎに何がなんだかわからぬままに参加していただけという気もしたけれど、
近年、歌で感動をもらえるようになってきました。

昨日も後半『夏色』からの盛りあがり(予想外であった『青』が良かった!)は
楽しかったし、ゆずに指名されて泣き出しちゃった女の子と会場との
コミュニケーションも微笑ましかったです。

でも、歌にも十分、感動させてもらえました。
最近のゆずの曲は、私の心の琴線に触れる曲が多いです。

久々に聞いた『栄光の架け橋』や、真央ちゃん、上村さんの競技シーンにかぶる
生保のCMソングである『虹』は、その曲の壮大さに何度聞いても感動してしまうし、
北川くんが、昨年亡くなったお父さんに対しての思いを歌ったという『逢いたい』。
この曲は、私自身の大切な人の姿がダブって、聞く度に涙がこぼれてしまいます。

追加公演から披露した新曲の『桜会/マイライフ』もいかにもゆずらしくて
良い歌です。
特に、『桜会』は、ビジョンに流れるピンクの花びらとサプライズだった花吹雪が、
どこか懐かしいフォルクローレ調のこの曲にぴったりの演出で、胸が熱くなりました。

最近、特に思うのは、北川悠仁の作る曲は、どの曲も岩沢厚治の高音で伸びやかな
”声”を120%活かした曲ばかりだなということ。

よく分からないけれど、普通のデュオって、作曲者が自分の音域や志向で歌を
作って自身がソロを取るっていう曲が多い気がするのね。
(←岩沢くんが作っている曲もそんな気がする)
でも、悠仁は、厚ちゃんの持ち味や魅力を客観的にとらえて、それを軸に歌を
作っているから、ああいうサビの効いた広がりのある曲ができるのかな・・って。

悠仁の曲と厚ちゃんのボーカル
この絶妙なバランスがゆずの一番の持ち味だと思います。

そして、ステージでは、相変わらずアンバランスな二人

いつでも全力投球で、皆の声援に応えようと汗だくになってステージを
かけずりまわる悠仁と、そんな頑張りもどこ吹く風。ひたすらマイペースを
決め込みながらも歌になるとグッと観客の心をつかんでしまう厚ちゃん。

前回のさいたま公演で、悠仁が、

『”学生時代から知りあいの芸人”でアメトークに出たい!』

と言って、

『芸人じゃないでしょう』

と厚ちゃんにつっこまれていたけれど、ほんとこの二人、ステキなコンビです!

これからも、ゆずの曲、ステージ期待しています。


桜会(さくらえ)/マイライフ桜会(さくらえ)/マイライフ
(2010/02/03)
ゆず

商品詳細を見る






★ネタバレ★~「Mr.Children DOME TOUR 2009」 in ナゴヤドーム

お引っ越し、初ブログは、やっぱりこれでしょう!

12/19(土)ナゴヤドーム 『MR.Children DOME TOUR 2009』に参加してきました。

ミスチルのライブは、4月のさいたまアリーナ以来。
あの時は、私自身も気分的にあまり乗っていない時期だったし、席も果ての果て
だったので、イマイチの感動だったけれど、今回は、素晴らしかったです。
いやいや、くそ忙しい年末に新幹線乗って出かけていっただけの事はあったね。

演奏曲目は、アルバム曲中心だった今年前半のアリーナツアーに比べて、
すごく工夫された構成だと思った。


続きを読む

★ap bank fes '08★~「初参加!暑かった~(>_<)」の段


fes1 


スカパー!フジ721で今年のap fesの放映見ました。

場違いな年寄りの参加で、非常に浮いていたと思うけれど、
(確かに、今回のライブについては、おばさんは数える程だった)
参加者もスタッフもみんな笑顔笑顔でとっても暖かいライブだった。

同い年ながらフェス慣れしている同行した友人にいわせると
(何と、彼女は、今年途中で中止になった”音楽と髭・・”にも参加。
ずぶぬれになって、カゼひいて帰ってきました)

『このフェスは、皆がギスギスしてないのがいい~』

・・だそうです。

確かに、前の方のブロックは知らないけど、我々がうろうろしてた
後ろの方やフードエリアは、皆のんびりまったり。

ライブエリアで途中退出しようとして人混みをかきわけて
嫌な顔をする人もあまりいず
延々とつづく買い物の行列でも文句いう人もなく、中には買い物の時、
荷物を持ってくれる親切な人もいたりして、

シートの上で昼寝している人や、芝生でしゃぽんだまなんかしてる
親子もいてほんと和める空間であった

天気も快晴晴れ

猛暑ながら、時折吹く風は心地よいし、なんといっても
緑の多さと空にぽっかり浮かんだ雲に本当に癒された。






そんな中で聞くライブというのは、普段、屋内で聞く
ライブとは違って格別のものが

『フェスは、自分流で聞けるからいい』

・・と友人が言っていたけどなんかわかる気がする。

私が参加したのは、初日


印象に残ったのは、やっぱりゆずかな


たった30分の持ち時間ながら、あっという間に
会場をゆずワールドにしてしまうあのステージは
さすが・・。


そして、ベテランASKAさん


彼が登場した時は、トイレタイム&給水タイムかのように
ぞろぞろと観客が退席はじめて、気の毒だと思ったけれど、
櫻井さんと歌った『名もなき詩』は、さすがの歌唱力。
そして、続く『YAH YAH  YAH』で、一気に会場が盛り上がった。

2万人の大合唱というのはやっぱりすごいね


とは、いっても、前日、生涯3本の指に入る位に不愉快な出来事が
あって、非常に傷ついていた私は、その事が頭から消えずに
心の底からは楽しめず残念だった。

おまけに、『to U』は、帰りの新幹線の関係で聞けず。
大好きな『はるまついぶき』は、仮設トイレの中。
目当てのミスチルが登場した時には、ほぼ徹夜明けで始発に飛び乗ってきた
私は、昼に飲んだビールのせいもあって、すでに気力も体力もつきはてて、
ぼ~っとみていたような。

ほんと、一体、何をしにいったのやら・・。

でも、参加できて、とても楽しかった!!

そして、参加者それぞれが、たった一日であっても
地球の環境について考えさせられるっていうのが
素晴らしい。

フードエリアの食器もすべて再生利用。
ゴミの分別も半端でなく細かい。
そして、食器洗いからゴミの分別、トイレの誘導まで、
ほとんどの仕事をボランティアの人たちがやっている。
この人たちが、みんな笑顔でいい人たちばかりなんだよね~。

入り口で配ってくれたゴミ袋も古米で作った袋ということで
(事故米で赤飯作るのとは大違いだ)おせんべのにおいが
してなんだかほほえましたかった。

このフェスについては、良い面だけでなく、悪い面についても
いろいろ取りざたされるけれど、でも、少なくとも私が目にした
もので悪い印象は無かった。

こんな形で若い人が環境について考えられるライブっていうのは、
やっぱり素晴らしいんじゃないかと思う。

おばさんは、とっても疲れて来年行こうと思うか判らないけれど、
是非、今後も続けていって欲しいです。


fes2

「ゆたぽん」&「はるまついぶき」 ~「待たれる春!」の段

毎日寒いです・・。泣きたくなる位寒いです。
去年、あまり寒くなかった分、今年の寒さは身にしみます。
温暖化、温暖化っていうけれど、ほんとにそうなの? 
絶滅寸前の北極グマには悪いけれど、寒いのはやっぱり勘弁だ~。

そんな日々冷え冷えの私を暖めてくれるのは、今期、マツキヨで発見した

白元の”ゆたぽん”
そして、bank band の「はるまついぶき」

”ゆたぽん”は、”ゆたんぽ”にあらず。”ゆたぽん”也。

 そのあまりに安直な、でもとってもかわいいネーミングに惹かれて
思わず購入したけれど、これがなかなかのスグレモノ。

電子レンジで3分間チンするだけで、朝までおふとんぬくぬくです。
(7時間有効)。
ジェルタイプなので何度も使えるし、やわらかなのが良いです。

確かにお湯入れる湯たんぽに比べてあじけないし、ぬくもりも
どこか使い捨てカイロ的だけれど、そのお手軽さがめんどくさがりの
私にぴったりです。

プーさんの袋に入った抱き枕仕様のたわら型もあるみたい。
これも買っちゃおうかな・・。

湯たんぽ/レンジでゆたぽん Lサイズ 1コ入
¥978
爽快ドラッグ

ホッカイロ くまのプーさん ゆたぽん3
¥1,764
Amazon.co.jp

でも、でも、そんな湯たぽんよりも、冷たく冷え切った私を暖めて
くれるのは、やっぱり桜井さんの歌声。

bank bandの「沿志奏逢2」

レンタルですませようと思ったけれど、「僕らの音楽」見てたら
一日も早く聞きたくなって、買ってしまった。

結論!!   やっぱり、桜井節は、いい!!!

櫻井さん(何故か、ミスチル以外の活動では、桜井さんではなく、櫻井さん)
の声は、どこまでもどこまでも暖かくやさしいです。寒さがこたえる
最近の私の心にしみじみと語りかけてくれます。

今回のアルバムも1に続き、カバー中心だけれど、3曲だけオリジナルが。

その中の1曲 「はるまついぶき」



昨年のap bank fes開催中に起きた新潟県中越沖地震の現場を
目の前にして、再生の思いから生まれたこの楽曲。
「to U」に続く、bank bandのオリジナル曲であるこの曲は、
小林武史&櫻井和寿による心あたたまるバラード。

”降り積もる雪に・・” から ”かすかでも光にむかう・・” 

のサビの部分の盛りあがりを聞けば、誰であっても、自分自身に
置き換えて”再生”への勇気がでるはず。
この曲は、公式サイトで、プロモが見られますが、これがまた
ホットなプロモでいやされます。

ここ ↓↓↓


もう1曲。アルバムの最後にあるオリジナル曲。
去年のfes でオープニングに歌われたという「よく来たね」

こちらは、キーボードのソロをバックに櫻井さんがしみじみと
語りかけてくれます。

”よく来たね。いろいろあったんだろう?
 悲しいこと 嫌なこと 辛いこと
 だけどこうしてまた会えたんだよ・・・”

”そうだよ。いろいろあったんだよ・・”

・・とどっと涙があふれてしまいそうなナンバーです。

ap bank fes 。今年も開催が決まったようですね。
なんでもすでに、掛川付近のホテルは、予約が一杯とか。
一度、行ってみたいと思うんだけど、なかなかね~。
そうそう、毎年参加の小田さん。
今年は、ツアー中なんだけど、出演できるのでしょうか・・。 


沿志奏逢2/Bank Band
¥2,710
Amazon.co.jp

沿志奏逢/Bank Band
¥13,977
Amazon.co.jp

プロフィール

えそらん

Author:えそらん
神出鬼没の回遊魚。
高校で国語を教えています。
はっきり言って、日本一古典の似合わない先生だと思います。

* ただいまハマリ中~*
 ミスチル
 ゆず
 小田和正
 福山雅治
 クリスチャン・ベイル
 ジョニー・デップ

・・・で、最近は松潤

と気が多いです。

* シフクTIME * 
  ライブ行くこと
  映画・海外ドラマ(米)鑑賞

* 老後の夢 *
・ロズウェルの円盤墜落現場訪問
・CIAに再就職(雇って~♪)
・アタック25の出演

『日々是好日』をモットーにフットワークのいい毎日をめざしています。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。